昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/03/12

「プーチンの野郎、おれたちがぜんぶ死ぬのを待ってる」

 懇談会終了後、福澤さんを追いかけていって、話を聞かせてもらった。

 戦後70年以上、待って待って、待ちぼうけを食って、町内の元島民には「どうせ島は返らない」と諦めの空気が漂う。

「多くの人がこう言うんです。プーチンの野郎、おれたちがぜんぶ死ぬのを待ってる。一世が死んで、二世、三世の代になったら、もう返還運動も終わりだとね」

 絶望寸前の元島民たちが、最後のわずかな望みをかろうじてつないでいるのは、島を追い出される際に放置せざるを得なかった土地、家、漁業権、船や漁具といった財産の補償の実現だという。

「国からいくばくかでもいいから、補償していただければ、ありがたいと。それだけ切羽詰まっているんですよ」

「択捉はもう戻らないかな」――択捉島二世の諦め

 懇談会に出席した元島民と後継者の中で最年少、中標津町の田中晴樹さんは択捉島二世の58歳。シンガポール合意の後、まるで東西冷戦時代に逆戻りしたような、強気一点張りのロシアの姿勢が気にかかるという。

択捉島二世の田中晴樹さん。「去年から始まった飛行機による墓参も、中標津空港を使って回数を増やし、日本の飛行機を使えば、もっと快適に」と語る。

「シンガポールで二島ということになったんですが、最近のロシアの記事とか見て、『これはどういうこと?』『返ってくるフシはなさそうなのかな?』と思っているのが現状です」と、胸の内を明かした。

 ロシア国内では、返還反対派の抗議デモがあり、ラブロフ外相からは「南クリル(ロシア側の北方領土の呼び方)の主権を含め、第二次大戦の結果を認めよ」という戦勝国の上から目線の発言があり、「北方領土と呼ぶことも受け入れられない」と元島民の気持ちを逆なでするようなジャブもあった。

 ロシア側の攻勢に対し、日本側は「不法占拠」や「返せ!北方領土」を封印し、忍の一字に徹しているのだ。

 筆者が懇談会終了後に、他の出席者に話を聞いているうちに、田中さんは中標津に帰っていた。電話して択捉島二世の気持ちを聞いた。「択捉島は戻らない、すっかりロシアになってしまったと、誰もが言うんですけど」と水を向けた。田中さんは「うーん」と唸って「択捉はもう戻らないかな、という気持ちはありますよ」と答えてくれた。

 そして「本当に戻るなら二島でもいい、と思っていたけど、ロシアにあんなこと言われてはねえ」と、溜め息まじりだった。

写真=奈賀悟

北方領土の日」の住民大会で一人だけ「島を返せ!」と絶叫した漁師〉に続く