昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/04/27

「無駄にしたくない」の言葉の真意

 広島に合流する直前、自宅近くの神社へ足を運び「また明日、良い日が来るように」と手を合わせた。回復を天に祈ったのは左足だけではない。実は、昨季終盤には右手首も痛めて、シーズン終了後に「疲労骨折」と診断された。この時も、リハビリ組に入ることなく、痛み止めの注射を打ちながら、そのまま11月の秋季キャンプに参加。今春キャンプも練習量を時折、抑えながらバットを振っていた。身体を対角線で結ぶように大きな故障を二つ抱えながら、試合に出ることの意味は、本人が一番分かっている。正捕手への挑戦権は掴んだまま離すわけにはいかない。「無駄にしたくない」の言葉の真意はここにある。

 もしも、野球の神様がいるならば「梅ちゃん」の覚悟は伝わり、微笑んでくれたのではないか。復帰してからは、ケガの影響を感じさせないほどバットから快音が響き、並み居る強打者たちとリーディングヒッターを争っている。極めつけは、4月9日のDeNA戦でセ・リーグの捕手では史上初となるサイクルヒットを達成し、お立ち台では地元・福岡にちなんで「明日も勝つばい‼」と絶叫。「梅野」「骨折」「勝つばい」が、SNS上に溢れかえった。

 だが、開幕からチームは波に乗りきれない。それが何より、梅野の“激痛”だろう。昨年「最下位」を経験した捕手は、忸怩たる思いで今日もミットを構えている。反省している時間が足りないほど高速に「今日」はやってくる。「次の日も試合が来るので切り替えていくしかない。(ケガにも)甘えてはいられない。責任を持って、毎日、戦っていく」。“良薬”は勝利しかない。覚悟を決めて、試練から始まった1年を戦い抜く。

セ・リーグの捕手では史上初となるサイクルヒットを達成 ©スポーツニッポン

チャリコ遠藤(スポーツニッポン)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/11253 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(3枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

文春野球コラム

阪神タイガースの記事一覧