昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

選手に恐れられる鬼軍曹 ロッテ・鳥越裕介ヘッドコーチが目を潤ませた日

文春野球コラム ペナントレース2019

2019/05/22

「涙が出そうやわ」。試合前のグラウンド整備中にピンクのベースが一塁、二塁、三塁に埋められていくイベントが行われる様子を見て鳥越裕介ヘッドコーチはポツリとつぶやいた。

 レディースデーとして行われた5月18日のイーグルス戦(ZOZOマリンスタジアム)。乳がんの撲滅、検診の早期受診、乳がん体験者と家族の支援を啓発・推進する「ピンクリボン活動」に沿った取り組みの一環として試合でピンクのベースが使用された。井口資仁監督と共に募金活動も行っていた鳥越ヘッドは特別な想いでピンクリボンの象徴であるリボンの模様が描かれたピンクのベースが設置されていく様子を見つめていた。

募金活動を行う鳥越裕介ヘッドコーチと井口資仁監督 ©梶原紀章

悲しい想いをする人を一人でも減らしたい

「嫁が乳がんと分かった時には、もうステージ4だった。乳がんに関する本とかを読み漁ったし色々な人に相談をした。悲しかったし、辛い事だった。自分と同じ思い、悔しさを味わって欲しくない。早期の検診をして欲しいと思う」

 鳥越ヘッドは08年に夫人を乳がんで亡くしている。34歳の若さだった。悲しみに打ちひしがれたが、湧いてきたのは同じような悲しい想いをする人を一人でも減らしたいという強い決意だった。

 ホークスでコーチをしていた当時、球団に自ら提案を行い、乳がんの撲滅、検診の早期受診、乳がん体験者と家族の支援を啓発・推進する「ピンクリボン活動」とのコラボ企画がスタートした。そして千葉ロッテマリーンズのヘッドコーチを務める今もホークスでは年々、規模を大きくして活動が続いている。マリーンズもまた昨年から募金やピンクのベースなど様々な企画でメッセージを発信し続けている。

「こういう立場にいる人間として、率先して活動をしたり、発信しなくてはいけないと思っている。活動を通じて乳がんの事を知ってもらいたいと思った。今は早期発見、早期治療で治ると言われている。本人も周りもきつい病気。一人でも多くの人が治って欲しい」

 昨年、募金が始まる前にマイクを握った鳥越ヘッドは目を潤ませ、声を震わせ、そう語っていたのは印象的だった。

リボンの模様が描かれたピンクのベース ©梶原紀章