昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/05/13

genre : ニュース, 社会,

「このあたりは電車がなかったから、嬉しいですね」

 新たに開業した駅は南吹田・JR淡路・城北公園通・JR野江(鴫野駅は学研都市線との接続駅で、新規開業ではない)。そのうち、JR淡路では阪急京都線、JR野江では京阪本線、地下鉄谷町線と乗り換えることができる(少し離れているので数分は歩かなければならないけれど)。

「阪急電車だとどうしても梅田まで出てから乗り換えないと新大阪に行けなかったから便利ですよね。それにおおさか東線で久宝寺まで行くと大和路線で天王寺まで行けるんですよね。一気に行動範囲が広がった、っていう感じがします」(JR淡路駅を利用していた男性)

「このあたりって電車がなかったから、嬉しいですね。これまでずっとバスやったから」(城北公園通駅近くを散歩していた男性)

新たに開業した南吹田駅
こちらは城北公園通駅

 沿線には住宅地が続くおおさか東線の新規開業区間。ずいぶん歓迎されているようだ。JR西日本に聞いても、他社路線との接続が多いことからそうした路線沿線に暮らす人たちの新大阪アクセスがかなり便利になるという効果を期待しているようだ。

城北公園通駅前の商店街では、新駅開業を歓迎する横断幕も

 新しい路線が生まれれば、その沿線の街がますます賑わうのは世の常というもの。今後、おおさか東線はさらに大阪駅北側の再開発エリアまで延伸して北梅田駅ができる予定だという。他にも大阪ではミナミとキタを結ぶ新路線「なにわ筋線」や2025年の万博開催にあわせて会場となる夢洲方面への地下鉄延伸など、新たな鉄道の開通予定が目白押し。もしかしたら、鉄道においていま最も注目の町は大阪なのだろう。そしてその象徴のひとつが、「おおさか東線」なのかもしれない。

写真=鼠入昌史