昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/06/12

雨の日に好成績を残している投手は?

 投手では、雨永……いや今永投手。今シーズン雨で中止は一度もありませんが、雨の中の登板が3回あります。7日のライオンズ戦は5失点でしたが、その前の雨の2試合は無失点です。雨と戦わず相手と戦っている様子がうかがえます。

雨の日の防御率
山﨑   2.25
三嶋   5.40
パットン 13.50

 ブルペン陣は、雨の日の防御率があまりよくないのは心配なところです。そんな中、砂田投手は曇りと雨の日は自責点0です。

砂田 曇り 4試合 3回1/3 自責点0
   雨  1試合 0回1/3 自責点0

 雨の日は乙坂・砂田の乙・砂に期待、「雨の日は落とすな」。確実に勝ってほしいところです。

 ところで、気象台では、サクラの開花日・満開日のほか、クワの木が発芽した日やシバが発芽して緑になった日の観測もします。

 7日、ベイスターズのサクラが開花。櫻井投手が見事なデビューを飾りました。ベイスターズのクワは、8日の試合で大活躍し「お待たせしました」とお立ち台へ上がりました。これを見て全ベイが泣き、笑いました。シバはどうでしょう。守備の上手い柴田選手が打撃でも安定すれば、他チームからは「隣のシバが青く見える」ことでしょう。

 今年の夏はエルニーニョ現象の影響で、大気の状態が不安定になり、天候不順な夏になる可能性があります。ちなみに、関根大気選手は、今シーズンまだヒットがなく「大気の状態が不安定」です。早く大気の状態が安定することを願うばかりです。この先ベイスターズは天気も味方につけて、青い旋風を巻き起こすでしょう。以上、ベイスターズ予報でした。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/12162 でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。