昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/06/10

新宿から5分で緑あふれる「下落合駅」

 西武新宿線のターミナルは西武新宿駅である。西武新宿駅は名こそ“新宿”とは言いながらJR新宿駅とは歩いて10分ほどの距離。天下の歌舞伎町の一角にあるから、いっそのこと「歌舞伎町駅」と改名してもいいのではないかとすら思う。そしてその西武新宿駅の次が山手線と乗り換えられる高田馬場駅だ。ご存知早稲田大学の最寄り、学生の駅。歌舞伎町を擁する西武新宿ほどではないけれど、どちらもまあうるさいほど賑やかな街の駅である。

西武新宿線の「下落合駅」
西武新宿駅から高田馬場駅を経由して5分ほどで下落合駅に到着する

 そしてそんな高田馬場からひとつ先。山手線のガードをくぐって高架から地上に移った西武新宿線各駅停車が最初に停まるのが、下落合駅だ。東武東上線の北池袋駅は島式ホーム1面だったが、こちらは上下線のホームが向き合う相対式。それぞれのホームに改札口が設けられている。北側(新宿方面行)ホームに接する改札口がメインの駅舎のようで、トイレもそちら側だけにある。そして北池袋駅と共通しているのが、改札口を出るとすぐに踏切があるということだ。

上下線が向き合うホーム
やはり改札をでるとすぐに踏切が

 踏切のある道路も大都会のターミナルから数分の駅前とは思えないほどに小さな商店が並ぶ生活道路。個人経営の書店にマンションの1階部分に入居している花屋にこじんまりした居酒屋。小さな喫茶店もあった。まるで野口五郎の「私鉄沿線」が聞こえてきそうな光景が駅前に広がっている。駅の南には神田川、北には妙正寺川が流れていて、公園もあって緑も豊か。

駅の南を行くとすぐにこんな光景が……東京の秘境駅と言って良いだろう

「静かでしょう。まあ、新目白通りまで出たら車通りも多いし騒々しいんですけど、高田馬場や新宿からすぐとは思えないですよね」

 近くに住んでいるというマダムはちょっと自慢げにこう話してくれた。ちなみに件の踏切、北池袋駅では“開かず”だったが、こちらにはJRが並行しているわけでもないし、西武新宿線は比較的本数が少ないので長時間閉じっぱなしということはないようだ。