昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

「絶対的センター」と言えばこの人 AKBグループ象徴のアイドル

3位 前田敦子

「昔のAKB、今のAKBを見てきましたが、やっぱり1番センターにふさわしく、キラキラ輝いてるのはあっちゃんしかいないと思います」(19歳・女性)

「スタイルの良さ、声質、センターポジションに合った主張し過ぎないダンス、大人数のアイドルグループの中で映える存在だったと思うから」(29歳・女性)

女優としても活躍の場を広げている前田敦子 ©文藝春秋

「AKBのセンターといえば他にはいない。張り切り過ぎない感じが良い」(30歳・女性)

「有名になる前の初期から、センターとしてAKBを有名にした功績は、やっぱり他の人には真似できないすごいことだと思うから」(30歳・男性)

「圧倒的センターだから。控えめなダンスながらも比較的長い手足で輝きつつ、周りの存在を消すことなくAKBの顔として輝いていた。ドラマや雑誌、バラエティなど個人活動も忙しかっただろうに、アンチにも負けず真ん中で笑顔でいたのがカッコ良かった」(18歳・女性)

「センターに立っているときの圧倒的な存在感が忘れられない」(26歳・男性)

AKBグループのエースとして初期のAKB48を牽引した ©文藝春秋

「絶対的エース。AKBのヒットは、この人なくてありえない。礎を築いた人」(33歳・女性)

「第3回AKB48選抜総選挙で大島優子を返り咲いて1位になった時の『私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください』という名言で鳥肌が立ちました」(17歳・男性)

「AKBパイオニアセンターがどれ程大変か……その重圧に耐えて自分なりに努力家し続けたあっちゃん。可愛くて努力家で大好きです」(50歳・女性)