昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

磯野貴理子問題と空前の皇室ブームにみる、「親近感」と「権威」が大好きな人たち

速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである

モノマネ「和田アキ子の公認」で和田アキ子の好感度が上がる現象

おぐら とりあえず話を続けますね。ものまねがおもしろいと、されたほうの評価も上がるのは定説。美川憲一しかり、ローラしかり。最近だと、Mr.シャチホコが和田アキ子のものまねをしていて、本人も公認しています。

速水 和田アキ子なんて芸能界における権威の象徴だし、本人からの「お墨付き」が必要っていうのも、まさに権威が好きな証拠じゃん。

芸能界のご意見番・和田アキ子 ©文藝春秋

おぐら いや、それは違います。たしかにものまね芸人にとって本人のお墨付きは重要なんですが、芸としては権威に噛みついてる。Mr.シャチホコによる和田アキ子ものまねの決めフレーズ、「君は何をされている方なの?」っていうのは、権威を振りかざす芸能界のドンへの痛烈な批判で、その批評的なものまねを認めるかどうかで、和田アキ子の器が試されている。

速水 たしかに、和田アキ子ならゲストにそういうこと言いそう。大昔に日曜のお昼にやってた『アッコにおまかせ!』って、そんな感じの番組だった。

おぐら え、なに言ってるんですか? 『アッコにおまかせ!』今も毎週やってますよ。

速水 まじか。それは信じがたい。ものまね番組もまだあるの?

 

おぐら 全然ありますよ! 毎日ちゃんとテレビ見てますか!?

速水 見てないけど。

おぐら メルヘン須長の『科捜研の女』の沢口靖子とか、知らないんですか?

速水 知らない。ていうか、沢口靖子のものまねって誰が楽しいの? そもそも『新選組!』の沖田総司の姉役以来まったく見てないし。

おぐら いやいやいや。『科捜研の女』は今年20周年で、4月から新シリーズがはじまったばかり。夕方の再放送も合わせると週に3回くらいやってますよ。

速水 『科捜研の女』を見るなら、普通にNetflixのミステリー見たほうがよくない? 100倍くらいレベルが違うよ。

おぐら あぁ…そういうハイコンテクストな“映像作品”は疲れるんで…。

速水 念のため聞くけど、さすがに『噂の!東京マガジン』はもうやってないよね?

おぐら 毎週やってます。今年で30周年です。最近のトピックスとしては、街角で一般の人がレシピを見ないで料理に挑戦するコーナー「やってTRY!」で、これまで女性しか料理にトライしていなかったのが、男性も料理するようになるという革命が起きました。

 

速水 そんなことが起きているのか。『新婚さんいらっしゃい!』とか『NHKのど自慢』がまだやってるのは知ってたけど、まさかほかにもこんなに続いてる番組があったなんて、ちょっと想像を超えてたよ。

おぐら 谷原章介の司会がお見事な『パネルクイズ アタック25』もおすすめです。

写真=山元茂樹/文藝春秋

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー