昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

40歳、ニート、独身、603試合連続応援……ホークスに人生を捧げた男の生き様

文春野球コラム ペナントレース2019

2019/07/09

 皆さんこんにちは! 今回代打で2回目の出場となりました。福岡を中心に、なべとまーちん二人でお笑いコンビを組んでおります「ノボせもん」と申します!

 そんな我々が2016年シーズン、ホークス戦全143試合行き、ホームランボールをキャッチするというテレビの企画をやらせて頂きました。全国各球場はもちろん、地方球場もすべて行かせて頂きました。貴重な経験でした。ただ、正直キツかった! 移動疲れで体がバキバキになるんです。

 以前、今宮健太選手に「移動めっちゃきつくないですか? さらにそこから試合まであるなんて!」と訊ねると、「僕たちは小さいころから鍛えてて、体が違いますから大丈夫ですよ!」と爽やかスマイルでご返答。さすがプロ! 素人の変な質問、失礼しました。やっぱりプロアスリートは体の作りがちがうんやね~。我々も30歳過ぎて、近頃は運動もろくにしてない。そりゃ~キツイばいね~。

 あれ? ちょっと待てよ。我々以外にも全試合行ってる人がいたなぁ。そう、その人こそが、九州鷹狂会代表の吉原秀貴さん。

九州鷹狂会代表の吉原秀貴さん ©ノボせもん

 通称・団長!(団長って雰囲気だったので勝手にそう呼ばせて頂いてます!)

 応援団歴25年。一見強面で頑固そうですが、実は照れ屋さんで、ジョークが大好きで、いがぐり頭が可愛くて、いつでもどこでも短パンでクロックススタイルの40歳。(関係性があるのでこんだけ言っても大丈夫なはず!)

 あの年、我々は団長といつも一緒でした。団長が入っているホークスの応援団は全国に16団体あり、九州だけでなく関西と関東にもあります。その中でも、団長だけが唯一2016年1シーズン全試合を回った応援団員なんです!

 さらに! 後にも先にも1シーズン全試合を回った応援団員は団長だけ!

 さらに! さらに! それどころか、603試合連続応援記録保持者!(普通にすごっ!!)

 さらに! さらに! さらに! 仕事をしておらず、応援団一筋の自称ニート応援団長!(最後拍子抜け!)

 なぜ、そこまでホークスに人生を捧げているのか聞くべく、応援団席に話を聞きに行ってまいりました!

なぜホークスに人生を捧げているのか

ノボせもん(以下・ノ)「団長お疲れさまです!」

団長(以下・団)「あら! スターがわざわざこんなところに?」

ノ「スターだったら未だにバイトしてないですから!」(芸歴10年ですがまだまだバイトしているノボせもんです)

 お会いするといつもこんな感じで団長ジョークから会話が始まります。さて、インタビューと思ったら、

「吉原さ~んお疲れさま! はい差し入れ~」「吉原さん! 子供も連れて来た! はい差し入れ!」「吉原さん見ると元気なる~! はい差し入れ!」

 ファンの方が引っ切り無しに挨拶に来るんです。団長、人気者! 差し入れはみんなお茶か水!

団「応援はむっちゃ喉乾くけんありがたいとよ~。家でも飲めるし嬉しい!」

 応援団というのは時には大きい声出してファンの応援をリードしたり、時にはラッパ、時には太鼓と見てるだけでもとってもハードなんです。団長に会いに来るホークスファンは口々に言います。

「吉原さんがおらんとホークスの応援は始まらんもん!」「吉原さんは一度会った人の事を全員覚えててくれるけん嬉しいとよ」「吉原さんはなぜか子供とおばちゃんにしかモテんもんね!」(最後いらんやろ!)

 と団長はホークスファンにとっても、なくてはならない存在なのです。なんならホークス戦に来るのは団長に会いに来る為という方も。これが長年ホークスを応援し続けてきた男の人望です!

長年ホークスを応援し続けてきた自称ニート応援団長 ©ノボせもん

ノ「団長は何でホークスの応援団になったんですか?」

団「元々子供の頃は地元球団がない時代で、でも親の影響で野球が好きで、89年にホークスが福岡に来るってなったけん、こりゃ応援せんといかんばいということでホークスファンになったとよ。当時小学校3年生でめっちゃうれしくて行ける時は試合見に行って応援した! そうしていくうちに応援団の人とも仲良くなって、高校生になった時に、応援団の人に誘われたけん入ったとよ」

ノ「高校はちゃんと行ったんですか?」

団「高校は皆勤賞!」

 え? 現在40歳でニートの団長の事だからてっきりこの時から学校おろそかにして、応援団やってたと思ってました! こりゃ失礼しました!

団「基本的にホームの試合は全部行って、夏休みにはビジターも行ってた! そして高校卒業して専門学校にはちゃんと行ったんよ!」

ノ「でも、専門学校まで行ったのになぜ40歳ニート応援団長が誕生したんですか?」

団「専門学校2年生の時のバリバリ就活時期にあの出来事が起こったんよ!!」

40歳ニート応援団長の誕生秘話

 そう! 99年福岡ダイエーホークス初優勝!

 街は一体となって盛り上がり、ホークス祝福ムード一色。この時からホークスが常勝軍団となっていきました。

団「優勝した瞬間ももちろん現場で応援しとって、周りや球場がどんだけ盛り上がってたかわからんくらい、泣いて泣いて喜んだ! 最高やった!」

 ホークスファンの人はもちろん、この団長にとっても小さいころから応援してきたホークスの初優勝を応援団として見届けてとてつもなくうれしかったのが、お話を聞いてる時の興奮具合からもしっかり伝わってきました。なんならちょっと団長の目が潤んでました。

団「ホークス初優勝の次の日が大事な就職試験の日やったんやけど」

ノ「まさか?」

団「飲み明かして、二日酔いで行かなかったー!(笑)」

ノ「笑いごとじゃないですよー!」

団「そこで改めて思ったとよ、ホークスがやっぱり好きやし、これからも応援したい! だから親に、好きな事させてくれってお願いした!」

 ふと自分も芸人になりたいと親に言った時のことを思い出し感情移入。団長の親もホークスファンだったのもあり、賛成してくれたみたいです。

ノ「そこからホークスに人生を捧げる生活が始まったんですね!」

団「そうやね! まぁ恥ずかしい言い方するとね(笑)」

 そこから40歳まで一度も就職せずにホークスの応援団一筋という、ニート応援団生活が始まったのですが、我々がやっぱり気になるのはお金。