昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ホークスの街・福岡になぜかバファローズびいきの店が!? 社長に真意を直撃した!

文春野球コラム ペナントレース2019

2019/07/27

 ホークスが福岡に来て30年。福岡県民にとって、プロ野球といえば“福岡ソフトバンクホークス”だ。例えばタクシーで“今日勝ってます?”と運転手さんに問いかけると「勝ってますよ! 最近調子いいですねぇ、今年もこのまま行きそうですね」という具合に、ホークスが隠れ主語状態で会話が成立するのだ。

 また、現在開催中の『鷹の祭典2019』のあいだは「チャンピオン奪Sh!ブルー2019」ユニホームを球場の選手やファンだけでなく、福岡の街で普通に働いているバスやタクシーの運転手、銀行の窓口レディ、コンビニやスーパーの店員にピザの宅配バイク配達員も着て、街とホークスが一体となって盛り上がっている。

福岡ではホークスが隠れ主語状態で会話が成立する

 そんな福岡で、だ。すっかりホークスの街になった中で、だ。バファローズ贔屓の飲食店が存在しているのをご存知だろうか。しかも、よりによって福岡名物“豚骨ラーメン”の店で、じつに40年以上も営業できているのだ!

『長浜ラーメン・餃子 長浜御殿』

 筆者は随分前から通っている。値段も手ごろで美味い豚骨ラーメンを求めて行くわけだが、その度にバファローズ贔屓の張り紙があるのがずっと気になっていた。なぜ、この街においてそんな無謀な事をしているのか? 今回の文春野球、敢えて鷹の祭典期間のホークスvsバファローズ戦に合わせて取材に行ってきた。

福岡なのになぜバファローズ贔屓? 社長を直撃

 いざ、入店。やはり店内に数枚の張り紙が今日も変わらずに貼られていた。 

≪オリックス・バファローズ帽子の小学生へ ラーメン120円≫ ※通常490円。

 なんなら野球帽をかぶっている小学生自体が平成初期に比べると圧倒的に減ってきている気がする昨今、ホークスならまだしも、バファローズの帽子をかぶった小学生向けのサービス!

バファローズ帽子の小学生はラーメン120円

 ただ、今まで何度も『長浜御殿』に行ってはいるが、一度もバファローズ帽子の小学生に遭遇したことはない……。例えて言うなら、飛行機の中で“お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?”と乗務員が呼びかけて手が上がる確率の方がまだ高いのではないかと勝手に思うのだが、真相はどうなんだろう。福岡市城南区の『長浜ラーメン・餃子 長浜御殿 堤店』に社長さんがいるとの情報を聞きつけて早速突撃してみた。長浜御殿の社長・上木政章さん(72)である。

長浜御殿の社長 上木政章さん

――なんでバファローズ贔屓なんですか?

「私は元々ライオンズファンだったんですよ。小さい頃から西鉄ライオンズ、太平洋クラブ・ライオンズ、クラウンライター・ライオンズが福岡にはあったわけで、よく平和台球場に観に行ってましてね。そんなわけで昔はずっとライオンズを応援してたんですよ」

――でも今はバファローズファンなんでしょ?

「うーん、ファンと言うか、バファローズ贔屓ですねぇ。ファンはころころ変わるでしょ。SMAPが好きだと思ったらある時から嵐が好きになって、ちょっとしたら関ジャニが一番って言ってみたりね。贔屓は基本的に変わらないんですよ。勿論バファローズが好きですしね」

――分かるような分からないような(笑)、いつからバファローズ贔屓になったんですか?

「48年前ですね。私が福岡市の長浜で屋台『長浜御殿』を始めた時に阪急ブレーブスの宿が近くにあって、選手がしょっちゅう来てくれてたんですよ。本当に気さくな人達でね。大熊忠義選手を中心に三好幸雄投手とかチームメイトやスタッフが福岡遠征の度に食べに来てくれてたんですよ。当時は球団の門限もあるにはあったけど、随分遅くまで楽しんで球団首脳陣に見つからないように宿の外の電信柱を昇って部屋に戻っていく光景も目の前で見たことがありますね(笑)。

 ブレーブスの皆さんにはとてもよくしてもらったから、いつか屋台から店舗にする時が来れば、阪急ブレーブスにちなんだサービスを始めようと思って1976年に念願の1号店をオープンさせたんですよ。その時にバファローズの前身である、ブレーブスの帽子を被った子供たち向けのサービスが始まったわけですよ」

 開店当時の写真には大熊選手からのお祝いの花輪もでかでかと写っている。

1号店オープンの写真

――ここまで聞くと凄く愛情が深くなる理由が分かるんですが、その当時の福岡はライオンズの街。阪急ブレーブスのファンはいたんですか?

「確かにスポーツ店に売られている野球帽はジャイアンツとタイガースとライオンズだけでしたねぇ。でもある時からスポーツ店にブレーブスの野球帽の取り寄せ依頼がやたらと多くなって店主が不思議に思っていたそうですよ(笑)。あの頃の子供達にはブレーブスの帽子を被ってよく食べに来てもらいましたよ。

 でも、ある時ふと窓の外を見たら、友達を駐車場に待たせて一人が食べて、終わったら外の友達にブレーブス帽子を被らせて自分はジャイアンツの帽子をかぶって帰っていくという悪知恵を働かす子もいました(笑)。でも、微笑ましく見ていましたよ。子供は知恵をつけていくもんですからね」

通常490円

――しかし、せっかくサービスするなら120円じゃなくて100円で良かったのでは?

「まぁ洒落と言うか(笑)、ブレーブスの大熊選手の背番号が12番だったんです。彼のおかげでどんどん人脈も広がり付き合いも増えたし、ゴルフを始めるキッカケもくれた。人生が楽しくなる要素を沢山教えてくれた方なんで、彼の背番号にちなんで120円にしたんです。だから毎月12日は大人でもラーメンを1杯200円で提供してますよ。その日はさすがに超満員で毎月大忙しですね」

 そう話す上木社長の目の前のテーブルに無造作に置かれていたグランドシニアゴルフ大会の順位表があったのでさりげなく目をやると“スコア68”のハンディキャップ0、“優勝 上木政章”って書いてあって驚かされた。そりゃ人生楽しくて仕方ないだろう(笑)。