昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《好きな女性アナ》有働vs.小川vs.井上 “夜の顔対決”で勝利を手にしたのは!?

結果発表「好きなアナ」「嫌いなアナ」アンケート《好きな女性アナ》部門

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

 いよいよベストテン。7位にはフリー転身後、「週刊文春」6月13日号より隔週連載「宇垣総裁のマンガ党宣言」が始まった元TBSの宇垣美里アナ(28)がランクイン。アナウンサー業だけでなく文筆業やモデルとしての活躍にも注目が集まります。前回7位の久慈暁子アナ(24)が昨年から順位を一つ上げてランクインしました。

 

9位 林美沙希(29・テレビ朝日)

「『スーパーJチャンネル』のキャスターがとても合っている。原稿読みも上手で、話題によってメリハリがついている。報道に対する真摯な姿勢が好きです」(35・男)

「事件現場を含むリポートから、着実に経験を積んだ生粋の報道アナウンサー。『報道をやりたい』の一言で下積みなしに報道番組を担当できてしまう時代に、相手の気持ちを理解し向き合える稀有な人材です」(31・男)

「『スーパーJチャンネル』での真剣なニュース読みと、エンタメ関連の話題の時の笑顔のギャップにいつも癒やされています」(46・男)

「仕事ぶりやSNSの文章から誠実な人柄が伝わってくるので、老若男女から好かれるタイプだと思います」(24・女)

9位 和久田麻由子(30・NHK)

「美人なのに不器用そうな雰囲気もあるのが良い」(63・男)

「才色兼備とはまさに彼女のこと。NHKの次期エース間違いなしだと思います」(45・男)

「高学歴を鼻にかけることもなく、ナレーションもニュースも難なくこなしていて、どちらも違和感がない。見た目の華やかさ、親しみやすさが程よい」(53・女)

「『おはよう日本』での和久田アナの笑顔が朝から気持ちいい」(47・男)

7位 弘中綾香(28・テレビ朝日)

「言いたい事をかなりはっきりと言うのが魅力的」(41・男)

「可愛いし、あざとく見えるかもしれないが、それもひっくるめて好感度No.1」(44・女)

「『激レアさんを連れてきた。』での、若林正恭さんとの絡みが好き」(34・女)

「『ミュージックステーション』を毎週見ていましたが、司会進行も良く、タモリさんと弘中アナの相性の良さを感じる」(28・女)

7位 宇垣美里(28・フリー)

文章も書ける宇垣美里アナ ©文藝春秋

「アナウンサーとしてだけでなく、文章も書けるのが凄い」(24・女)

「ジャニーズと交際したりコスプレをしたりなど、自由奔放さが魅力」(49・男)

「彼女を良く思っていない人には、是非彼女のラジオを聞いてほしい。魅力が伝わるはず」(36・男)

「可愛い顔で毒を吐くなど、自分の考えをしっかりと言うところが好き」(43・女)

6位 久慈暁子(24・フジテレビ)

「インスタグラムが可愛い。今はアナウンサーの多くがSNSを活用していますが、有効性を示した久慈アナはパイオニアとして今後もどんどん発信してほしい」(34・男)

「アイドルみたいなアナと聞いていたがアナウンスも上手くて感心した」(31・男)

「地元が自分と同じ岩手県で応援したくなる」(49・男)

「たまにドジなところもあるが、それが父性をくすぐる」(42・男)

5位 山﨑夕貴(31・フジテレビ)

「アナウンス技術もトーク力もあり、誰とでも物おじせず話せているのが凄い」(39・男)

「アナウンサーといえば高嶺の花で優雅な生活をしていてお金持ちと結婚しそうなイメージを持っていましたが、庶民的な生活を独身時代からさらけ出し、芸人さんと結婚という親近感を抱かせるところが良い」(45・女)

「小倉智昭アナとも見事に渡り合っているのびやかさが良い」(67・女)