昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

出世の階段を登る安住に、フリーアナの頂点を極めた羽鳥……男性アナ四天王がついに決定!

結果発表「好きなアナ」「嫌いなアナ」アンケート《好きな男性アナ》部門

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

 文春恒例の「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」アンケートですが、男性アナウンサー部門は今年で3回目。女性アナに比べ、フリーとして活動する人は少ない男性アナですが、老若問わず各局の“真の実力派”が票を集めました。

 本アンケートは、2019年2月19日から4月12日までの約2カ月間、文春オンラインのメルマガ読者を対象に実施しました。回答者の年齢は、下は17歳から上は85歳まで。回答総数は3100超に上りました。男性が53%、女性が47%という構成でした。

 結果はどうなったのでしょうか。まずは「好きな男性アナ」部門(18位~14位)です。

 18位には個性豊かな3人が同率でランクインしました。今年6月に第3子が生まれた日本テレビの辻岡義堂に、18年“竹林不倫騒動”の末に同僚でもある秋元優里アナとの離婚が成立したフジテレビの生田竜聖、入社3年目ながら東大出身でMENSA会員の安宅晃樹(あだけ・こうき)らが同票を獲得。プライベートから垣間見える人柄にも注目が集まりました。

 

18位 辻岡義堂(33・日本テレビ)

「司会進行を見ていると頭の回転の良さを感じる。人柄の良さもにじみ出ている。媚びずに自己主張もしない。安定感がある」(47・女)

「真面目そう。汗かきながら頑張る姿が面白い」(41・女)

「野球に詳しいから」(61・男)

18位 生田竜聖(31・フジテレビ)

「離婚しても辛さを顔に出さないで情報を読み上げる姿勢に好感が持てます」(46・女)

「以前コンビニで遭遇した時、良い人だった」(21・男)

「離婚してからの闇を抱えているキャラが、なんだか慰めたくなる」(39・女)

18位 安宅晃樹(26・フジテレビ)

「穏やかな性格と端整な顔立ちが好き」(31・女)

「冷静で安定したアナウンス」(34・男)

「堅実な仕事ぶりと滑舌の良さ」(44・男)

「知識が豊富だからトークが的確!」(45・女)

17位 小松靖(44・テレビ朝日)

「テレビ朝日がサイバーエージェント社と良好な関係であることを世間にアピール出来たのは、小松アナがAbemaTV開局と同時に担当した『Abema Prime』での素晴らしい番組進行があったからこそ」(45・男)

「ハンサムで清潔感がある。アナウンス力が高く、テキパキした仕事ぶりに好感が持てる」(50・女)

16位 井上貴博(34・TBS)

「切り返しがうまく、真面目そうな見た目を裏切って、コメントが面白い。若いのに物知りで、コメンテーターとのやりとりもいい」(54・女)

「やわらかくニュースを伝えることができ、その中に自分の意見をちらほら挟むのがうまい。派手さもなく媚びないし、アナウンサーとしての分もわきまえている」(68・男)

14位 三宅正治(56・フジテレビ)

三宅正治アナ ©文藝春秋

「『めざましテレビ』で永島アナをよくサポートしていい雰囲気にしている」(20・男)

「スポーツ実況が非常にうまい。すべてのスポーツを三宅アナに担当してもらいたい」(34・男)

「『めざましテレビ』を見ていると、みんな仲良さそうで、三宅アナもよく笑っていて、見ている方も楽しくなる」(43・女)

「威厳がありますが優しさも感じる人」(33・男)

14位 青木源太(36・日本テレビ)

「明るくポジティブな印象」(56・女)

「ジャニオタを隠さない所に好感が持てます。話も丁寧で聴きやすい」(59・女)

「さわやかで見ていて気持ちいい」(44・女)

「タートルネックが似合うイケメン」(43・女)