昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

恐ろしい「デブ味覚」があなたに太るための行動をとらせている

2019/07/09

source : CREA WEB

genre : ライフ, 読書, グルメ

 揚げ物、ラーメン、甘いものが、ガマンできないあなたは、デブ味覚の持ち主。味覚が変わると、食べたい欲求がダウンして、みるみるやせていきます。

 ダイエット外来の医師である工藤孝文先生著『1日1杯飲むだけダイエット やせる出汁(だし)』(アスコム)よりご紹介します。

「やせたいけど、食べたい」ってヘンだと思いませんか?

 

 本気でやせたいなら食べる量を減らせばいいだけ。しかし、頭ではわかっていても食べたい欲求には逆らえず、“つい”食べてしまいます。

 なぜ、このようなことが起きてしまうのでしょうか。答えはとても簡単。それは、あなたの食行動をコントロールするセンサー、味覚が狂っているからです。

『1日1杯飲むだけダイエット やせる出汁(だし)』工藤孝文 著

 こってりと濃い味つけの食事。砂糖などの糖質をたっぷり含む飲み物やスイーツ。

 確実にあなたを太らせる食べ物です。日常的に食べていると、舌がマヒして正常な味覚を失ってしまいます。

 食べ物の味は、舌の上にある味蕾という細胞によって感知されますが、濃い味つけのものばかり好んで食べていると、味の感じ方が鈍くなっていきます。

 こってり味はより濃くギトギトな味を求め、激甘スイーツもペロリと完食できてしまう「デブ味覚」へとまっしぐら。

 そして、摂取するものすべてが高カロリーというおそろしい事態になるのです。

 これでは「そんなに食べていないのに太る」のは当然です。

 もしあなたが、「食べていないのにやせない」と思っているとしたら、デブ味覚になっている可能性を疑ってみましょう。

 

 食欲コントロールはダイエット成功の必須条件。

 しかしデブ味覚のままでは、味も量もガマンを強いられツライので、挫折はほぼ確定です。

「食べていないのに、やせない」という矛盾した食行動から脱することは困難です。

 まずは、「デブ味覚」から「やせ味覚」に変えること。

 ここを出発点とすると、ダイエットはとてもスムーズに、ストレスなく進められることがわかりました。

 頑丈な家には頑強な土台があるように、ダイエットにおいても揺るぎない土台となるやせ味覚を手に入れる。

 すると、これからの人生で、ダイエットに苦労することはなくなるでしょう。