昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

安倍首相の発言で話題となった「大阪城のエレベーター」はいつからあった?

大阪城が「忠実な復元」ではない理由

2019/07/10

genre : 歴史, 読書, 社会, 政治

  安倍晋三首相による、G20大阪サミットの夕食会での挨拶が物議をかもしています。首相いわく、大阪城は明治維新の混乱により焼失したが、その後、天守閣が復元された。しかしその復元時にエレベーターを設置したことは「大きなミス」だった、うんぬん。

 いわゆるバリアフリーの観点から問題だという声が多いわけで、当事者の怒りはごもっともですが、おそらく首相としては単なるジョークだったのでしょう。

話題となった大阪城

 はるばる世界中から来てくれた客人たちに「忠実な復元をお目にかけられず申し訳ない」という日本的謙遜のメッセージも込められていたのかもしれない。私は正直、そこまで目くじらを立てる話ではないと思います。少なくとも、自国開催の夕食会でジョークのひとつも言えない石頭を指導者にいただくことのほうが国家への害は大きいでしょう。

 ところで私の関心は、別のところにもありました。むしろ首相が、あるいはスピーチライターが、「復元時にはエレベーターが設置されていた」という歴史的事実をちゃんと知っていたことに驚いたんです。