昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「北極ラーメン」越え 蒙古タンメン中本の“最辛”メニュー誕生秘話

この夏“中本デビュー”するあなたにおススメする「つけ麺4選」

(2)辛さレベル8「冷し味噌卵麺」

 続いては辛くなります、冷し味噌卵麺。ファンが多い味噌卵麺のつけ麺バージョンになります。

こちらが8辛の「冷し味噌卵麺」
味噌と黄身の甘みがポイントです

 濃厚味噌ベースのつけ汁にお肉ともやしとネギ、その周りをゆで卵スライスが等間隔に置かれていて美しい佇まいをしています。

 辛さの表記は8辛ですが、味噌と黄身の甘み、麺が冷えてることもあり食べた感じそこまで辛く感じませんでした。表記にすると6辛くらいでしょうか。中本の辛さに慣れてきた方や、辛いモノがお好きな方は美味しく食べられると思います。

(3)“最辛” レベル10「冷し味噌ラーメン」

 そして、中本のつけ麺でこれは外せません。

 冷し味噌ラーメン。

冷し味噌ラーメン。略して「ヒヤミ」です

 略して通称「ヒヤミ」。常設メニューの中では辛さが最大の10辛です(北極ラーメンで9辛)。僕の中でKing of 中本は北極ではなく、ヒヤミ。真っ赤なスープの中に具材はお肉のみ、麺の上に少量のもやしが乗っかっているだけのストロングスタイル。

 初めて食べたときは、そのシンプルな見た目からは想像ができない旨みに驚きました。辛さの中にある旨みをわかりやすく味わうことのできるつけ麺です。

 ただ、初めての中本でヒヤミの注文はおススメしません。ヒヤミは逃げないのでゆっくりと自分のペースで辛さを上げていきましょう。

 中本へは行くけどまだヒヤミを注文したことがない方はこちらをご覧ください。

ヒ ヤ ミ

 この赤文字を見てヨダレが滲み出てきたあなた、GOのサインです。