昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「なぜ愛子さまは天皇になれないのか」という国民の素朴な疑問が表出した――皇室アンケート・所功氏コメント

source : 週刊文春

genre : ニュース, 社会

 新天皇即位に伴って、皇位継承資格者は僅か3人になった令和時代の皇室。現在の皇室典範は、皇位を男性だけで継いでいく「男系男子」による継承を定めているが、将来的に皇統の危機を迎えかねない。そこで文春オンラインでは、皇位継承についてのアンケートを行った。 

 結果は、「『女系天皇』を認めるべき」が23.4%、「『女性天皇』を認めるべき」が38.5%。この2つを足した6割以上が「男系男子」以外の継承を容認すると回答した。

愛子さま ©共同通信社

 また「『女性宮家』を認めるべき」を選択したのは4.5%。事実上、男系男子存続を支持する「『旧宮家の皇籍復帰』を認めるべき」は21.1%だった。

 このアンケートの結果について、有識者に見解を聞いた。

◆ ◆ ◆

所功氏(京都産業大学名誉教授) ©文藝春秋

所功氏(京都産業大学名誉教授)

 回答者はよく現実をみていると思います。男性皇族だけでなく、女性皇族も含めた皇室全体の人数が少なくなっていること。また、眞子さまと小室圭さんの結婚延期の影響もあるのでしょうが、外部から皇室に入ることの難しさ。それらをしっかり認識した上で答えているという印象です。

 4割近い人が「女性天皇」は認めて良いと回答していますが、この傾向は今後ますます強くなると思います。いま17歳の愛子さまが3年後に成年皇族となられたら、ご公務として公式の場に出て、ますます注目される。「天皇陛下のお子さんがこれほどしっかりしているのに、なぜお世継ぎになれないのか」という素朴な疑問と、女帝誕生への期待が高まることでしょう。

 ただ、「女系天皇」まで認めるとなれば、「過去の歴史にない新しい例を開いてもいいのか」という戸惑いが生じて、今のところ20%台にとどまったのだろうと思われます。