文春オンライン
みんな大好き三角サンドイッチの名店「メルヘン」の舞台裏に潜入してみた

みんな大好き三角サンドイッチの名店「メルヘン」の舞台裏に潜入してみた

2019/07/26

source : CREA WEB

genre : ビジネス, グルメ, 企業

懐石料理をイメージした素材を生かすサンドイッチを

カット面の美しさを考えて具材を配置。

“サンドイッチの母”といっても過言ではないほど、情熱を持ってレシピ開発に取り組む原田さん。

 ところが何を隠そう、昔から大のごはん党で、これこそがメルヘンの原点に。

 日ごろから、毎日のごはんに代わるおいしいものを探していた原田さんは、「ごはんに合うものはパンにも合う」という理論にたどり着き、サンドイッチに注目。

ADVERTISEMENT

 当時の三角サンドは薄っぺらいものが主流だったので、もっとボリュームがあって、それでいて毎日食べても飽きの来ない味を目指し、サンドイッチのレシピ開発に取り組んだ。

 原田さんがイメージしていたのは、懐石料理のように素材を生かしたたサンドイッチ。

 そのために、どんな具材でも引き立てるオリジナルのパンとマヨネーズを開発し、日本人好みのサンドイッチを生み出した。

角が立った生クリームは攪拌したての証。

 クリームはバタークリームに始まり、長らく植物性油脂と動物性の生乳をミックスしたクリームを使っていたが、あるとき、客観的な意見を採り入れてみることを原田さんが提案。

 そこで、メルヘンの本社近くの銀行にお願いして、行員のみなさんに試食をしてもらうと、予想以上に口溶けのよいクリームを望む声が多く、コスト度外視で動物性100%に切り替えることに。

 砂糖も2割減らしてクリームを格段に軽くしたことで、フルーツのおいしさが際立ち、「メルヘン=フルーツサンド」というイメージが定着し始めた。