昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/08/01

ファンにしかできない、ファン発信のアプローチ

 黒田がカープに復帰した2015年。マツダスタジアムのライトパフォーマンスシートを中心に、黒田の背番号「15」が刻まれた応援ボードを掲げるたくさんのファンの姿がありましたよね。どなたがデザインしたものかは分からないのですが、あれもまた、コンビニ出力などで多くの方が手にされたもの。自分は黒田が引退を表明した後に感謝の意を込めたボードを作ってコンビニ出力と無料配布をしたのですが、自分であろうと他の方であろうと、誰かがいろんなことを考えたり作ったりして、それに様々な人が反応したり賛同したりする。なんか、この「心の繋がり」と「DIY感」の融合ぶり。なんかもう、すごく楽しくないですか?

2016年11月5日の広島優勝報告会にて、黒田と応援ボード

 鳴り物による応援、トランペット、選手オリジナルの応援歌、ジェット風船などはカープファンが始めたものとして知られています。あれも純粋に「カープを応援したい」、そして「盛り上げて背中を押してあげたい」。そんな熱い気持ちから生まれたものですよね。私も本当にいろんなタイミングでボードを作り、赤松が胃がんを公表した時はステッカーを作ったりもしました。私はデザインというアプローチですが、他の人からもっと画期的なアイデアが出てきたら嬉しいし、もしそれが他球団ファンのものでも仲良く共有しあえたら最高じゃないか(例=ボードとしてのデザインは同じだけどチームカラーだけ変えるなど)。考えるだけでワクワクします。

過去の応援ボード ©ガル憎

 選手はお決まりのポーズや決めゼリフなどでファンを楽しませてくれる。球団は球場でバラエティ豊かな座席を作ってくれたり様々な企画を用意してくれたりする。じゃあ、ファンも負けずに楽しいことを考えましょう! 三者三様のアプローチを楽しみましょう! 生意気ですが、声を大にして言いたいです。なにより、こういうことを球団から依頼されることは絶対に無い。だからこそやり甲斐があるんじゃないかと。ファンにしかできない、ファン発信のアプローチ。ファンは選手や球団職員の何倍もいます。全国にいます。令和という新しい時代。私は「ファンが作る次なるムーブメント」に期待したいと思います。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/13104 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(4枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

広島東洋カープの記事一覧