昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/08/09

 それでも林育良の目に映る蔡英文の本質は、驚くほど変わらないという。

「彼女に接した誰もが、もったいぶった態度や演技じみた点が少しもないことに気付くはず。カメラマンとしてはむしろ『こう撮ってほしい』という好みがあるほうがイメージも作れるし、撮りやすい。でも彼女は昔から自分を飾ることに興味がなくありのままだから、今後も“難しい素材”であり続けるだろうね」

民進党のスタッフとともに ©林育良

 そして移動中は、どれだけ多くのSPや秘書に囲まれても資料の入ったカバンを自分で持つという。「自分でできることは自分でするというシンプルな考えの持ち主で、それは総統になっても同じ」と林。

「あなたの作品から台湾の一面を知ってくれれば」

『写真─記録─劇場』と題した林育良の個展では、約40点の作品が展示されている。といっても蔡英文の表情を大写ししたストレートフォトを並べるのではなく、訪問、激励、収録、視察、臨席といった彼女の公務の一端を独特のアングルで切り取り、台湾総統の立場や台湾という国の矛盾を浮かび上がらせていく趣向が面白い。

中国からの侵攻を想定した年次演習「漢光33号」の実動演習を指揮する蔡英文総統。見る者に緊張感を与える1枚だ ©林育良

 来場者自身が作品を通じて自分が総統になったような錯覚を覚えたり、「投票」で擬似的に台湾の政治に関わったりする仕掛けも施されている。

 蔡英文は個展の開催を聞いて大いに喜び、「私は立場上、東京へ駆け付けることができないけれど、多くの人があなたの作品を通して台湾の一面を知ってくれれば嬉しい」と語ったという。林も「総統というとてもセンシティブな主題だけに、台湾で同じ展覧会を開くのは難しい。いろいろなレッテルが貼られ、企画意図が曲解されかねないからね。むしろ台湾に対してフラットな立場でいられる日本人に、タピオカや小籠包だけではない台湾を感じてもらえたら」と期待を込める。

台北市の国家戯劇院前で行われた国賓歓迎式典。空軍曲技飛行隊サンダータイガースのカラースモークが空を染める ©林育良

「“難しい素材”を撮り続けていきたいね」

 2015年に林の母親が急逝した。蔡英文は2度目の挑戦となる総統選の合間を縫って林宅へ弔問に訪れ、会葬者が見守る中、黙って彼をハグし続けたという。

「突然のことでドギマギしたけれど、自分の中で何ともいえない絆というか、いま振り返れば、一緒に戦う同志のような感情が芽生えた瞬間だった。台湾初の女性元首にもいずれ総統府を去る時が来る。でも僕は可能な限り、蔡英文という“難しい素材”を撮り続けていきたいね」

林育良(リン・ユィリァン) 写真家、台湾達帕撮影芸術協会常務理事。1977年台湾雲林県斗南鎮出身。蔡英文が野党党首時代に専属となり、2016年の蔡政権発足に合わせて中華民国総統府主席撮影官に。10月には米NYで、台湾の風景をテーマにした写真展を開催予定 ©田中淳

この記事の写真(10枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー