昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

マンゴー狂いの日本人4人が、台湾・玉井の農家で“わんこマンゴー”した話

腹いっぱいマンゴーが食べたいんじゃー!

2019/07/20

 マンゴー農園でマンゴー狩りして、腹いっぱいマンゴー食べたいんじゃー!

 マンゴー好きなら一度は夢見ることだろう。台湾南部、台南駅からバスで70分ほど東に移動したところに、台湾マンゴーを代表する愛文マンゴー(アップルマンゴー)の産地として有名な玉井という村がある。

 その村の農園でマンゴー狩りができないかと計画し始めたのが4年前の2015年。それから1年後、日本人が世界で一番苦労せずに海外旅行ができるはずの台湾で、面倒な思いをしてマンゴーにありついた話である。

マンゴーの中でも甘みが強い愛文マンゴー。完熟したマンゴーは口の中で一気にとろけて至福!

マンゴー狩りが見つからない

 当然ながら外国の農家にツテなどあるはずもないので、まずはネット検索から始める。日本語で「マンゴー狩り 玉井」とネット検索してみると数件ヒットするが、どうやら1回だけ開催した実験的なツアーであって定常モノではないようだ。

 英語や北京語で検索しても、いまいち決め手になる検索結果は出てこない。一般的に海外では日本のような観光農園はあまり見られないが、台湾では桃や葡萄などのフルーツ狩りが楽しめる。それにも関わらず、台湾で一番人気のマンゴーだけが見つからない理由は、後日農園で知ることになる。

 東京の台湾観光協会や台湾の観光案内所で聞いて回っては知らぬ存ぜぬの回答しか得られず心をボキボキ折られたが、台南の観光案内所で入手した台南旅行社リスト10社に片っ端から連絡したところ、1社だけ反応があった。

 だが話を聞くと日本人が想像するフルーツ狩りのようなツアー商品があるわけではなく、「マンゴー農園には連れて行くけど、マンゴーを買うだけ。マンゴー狩りができるかは分からない。」と微妙な回答。農園に行ってしまえば何とかなるだろうと、藁にもすがる思いでその旅行社にお願いし、マンゴー狂いの友人3名を誘って台湾行きを決断した。