昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

餃子って包まなきゃダメですか? ラクしてあの味を再現「中身どんぶり」レシピ

2019/08/27

source : CREA WEB

genre : ライフ, グルメ, 読書

 時短を超えた速攻どんぶり、ボリューム満点どんぶり、夜遅くなったときでも胃にやさしいどんぶり、お惣菜や缶詰、市販品を駆使したどんぶり、そして、卵をふんだんに使ったどんぶり……。

 若手料理家・今井亮さんがこのたび上梓した『至福のどんぶりレシピ』(立東舎)には、パパッと作れて満腹になれる多種多様などんぶりの作り方が満載。その中から、おすすめの6杯を特別にご紹介します。

●ぎょうざの中身どんぶり

©福尾美雪

 包まなくたってこれは絶対ぎょうざ味!

■材料 (1人分)

・豚ひき肉:100g
・キャベツ:2枚(1cm四方に切る)
・にら:4本(2cm幅に切る)
・ごま油:小さじ2
・塩、こしょう:各少々

[A]
・しょうゆ:大さじ1
・オイスターソース:小さじ1
・温かいごはん:適量

■作り方

(1) フライパンにごま油を中火で熱し、ひき肉をほぐすように炒め、色が変わったら塩、こしょうをふる。
(2) キャベツ、にらを加えて炒め、しんなりしたら[A]を加えてひと炒めする。器に盛ったごはんにのせる。

ほか5杯のレシピはこちらから

記事提供:CREA WEB

今井 亮(いまい りょう)
1986年京都府京丹後市生まれ。高校卒業後、京都市の老舗中華料理店で5年間修業を積み、調理師免許を取得。2010年に上京、料理家のアシスタントを経て独立。雑誌やウェブ、テレビ番組のフードコーディネート、レシピ提案、監修など、幅広く活躍中。主宰する料理教室「亮飯店」も大人気。著書に『これが男の本気メシ』(成美堂出版)、『愛しのから揚げレシピ94』(立東舎)など。
https://ryohappliycooking.wixsite.com/minimal-designer-jp

 

この記事の写真(2枚)

ツイッターやメルマガで最新情報をGET!