昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ひきこもり500万人」孤独な男たちを追い詰める“言ってはいけない”社会的背景

令和元年に起きた数々の凶悪事件の裏にあるものとは?

2019/08/23

 日本の18歳以上55歳未満の人口は5703万人(2017年)、その8・74%は498万人だ。都市と地方では環境が異なるとしても、この数字は衝撃的だ。――内閣府調査は64歳までを対象に「ひきこもり状態になって6カ月以上」の人数を推計しているが、藤里町が調べたのはシルバーバンク(高齢者就労支援事業)の対象にならない55歳未満で、なおかつ2年以上働いていない町民なのだ。

©iStock.com

「ひきこもり500万人」なんてありえないと思うかもしれないが、藤里町の結果を男女別で見ると、「ひきこもり率」は男が10%強、女が5%強になる。地域の子どもが集まる公立中学校の40人学級(男女同数)で、男子生徒2人、女子生徒1人が55歳までにひきこもりになると考えれば、これが荒唐無稽な数字とはいえないことがわかるだろう。

文藝春秋8月号

◆◆◆

 橘玲氏による本記事「『リベラル社会』が男たちを追い詰める」の続きは、「文藝春秋」8月号に掲載されている。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
Yahoo!ニュース

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー