昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「9月からJOC理事会は非公開」問題 竹田恒和前会長が辞めた理由を忘れてないか?

本音は密室でこそ言えるおじさん

2019/08/30

 今週の月曜、テーマが同じ記事を興味深く読んだ。

 毎日「JOC 理事会を非公開に『議論活性化のため』『時代に逆行』批判も」

 朝日「JOC理事会 議論閉ざして失う信頼」(社説)

 である。

 今月8日のJOC(日本オリンピック委員会)理事会のニュースにザワザワした人は多いと思う。9月の理事会から報道陣へ非公開にすると決めたというのだ。新会長になった山下泰裕氏が提案した。

山下泰裕JOC会長 ©AFLO

「表には出せない情報も共有して話し合いたい」

 非公開にした理由を山下氏は「(公開では)話せないことが多く、議論が低調だった。表には出せない情報も共有して話し合いたい」と説明。

 この件、新聞はどう論評したか。いきなりですが毎日新聞の読みどころを紹介します。

 記事によると山下会長の提案に対し、採決で反対したのは「4人」。

 その4人の名前は、

 ・小谷実可子(シンクロナイズドスイミングの88年ソウル五輪銅メダリスト)
 ・高橋尚子(マラソンの00年シドニー五輪金メダリスト)
 ・山口香(柔道の84年世界選手権金メダリスト)
 ・山崎浩子(新体操のロサンゼルス五輪代表)

高橋尚子氏 ©文藝春秋

 毎日はこう書く。

 《いずれも女性。普段の公開の理事会でも積極的に発言する顔ぶれだった。》

 ああ!

 そうなのである。「普段の公開の理事会でも積極的に発言している人」からすればなぜ非公開にしたがるの? という疑問があるに違いない。