昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「商品の入れ方がおかしい」というクレームが「慰謝料100万円よこせ」に――コンビニ店主の悲鳴

“カスハラの現場” コンビニ店主・川上さん(仮名・50 代男性)の事例

「だったら、お前がこの店を辞めて出ていけ」

 とにかくこのやり取りを終わらせなければ、という気持ちで辛抱できなくなり、思わず言ってしまったと川上さんは振り返る。

 客の反応は、

「だったら、お前がこの店を辞めて出ていけ」

 というものだった。

「お前が来るなって言ったって、俺はこの店を使わなきゃいけないんだから、お前が辞めろ」

「いや、僕が責任者なんで、そういうわけにいきません」

 川上さんは思い切って言い返し、

「どうしたら許してもらえるんですか」

 と尋ねると、いきなり、

「100万円払え」

 と言われた。「いままでこの店で使った金額を返せ」というのだ。半年で200万円使ったが、半分の100万円でいいと言う。

「あなたが言いたいことはわかりました。で、どうしたらいいんですか」

 重ねて尋ねると、「ここに振り込め」と口座番号を言う。

「慰謝料として100万寄越せ」

 そんな理屈が通るはずもない。買った商品の現物がなければ、返金できないのは常識だ。しかも半年で200万円といえば、毎日来て1万1000円ずつ使った計算になるから、到底ありえない金額。つまり、100万円返せと主張する根拠はない。

「だったら、慰謝料として100万寄越せ」

 と、言い分は変わった。

 その日を境に、来店はなくなった。代わりに一日一回、店へ電話がかかるようになった。

「いま、ほかの店にいるんだけど、ここの接客はちゃんとしてるぞ!」

 そして、

「100万円はどうなった?」

 という話になる。

「オレがどういう人間か、わかってるだろう」

 というセリフもあったが、暴力団関係者には見えなかったから、ただの脅しだと思われた。