昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「韓国に物わかりのいい態度は禁物」今こそ前釜山総領事の“現場の声”に耳を傾けよう

知韓派キャリア外交官が記した「韓国論」にはヒントが詰まっている

2019/09/12

 韓国には日本の在外公館として首都のソウルに大使館、第2の都市である南部の釜山とリゾートの済州島に総領事館がある。日本の外交官は外交官試験(現在はなくなったが)を経た「キャリア」といわれる上級職と、いわば地域専門職のような中級職の「ノン・キャリア」がいる。ソウル駐在大使はキャリア組が担ってきたが、釜山総領事はこれまでもっぱらノン・キャリア組のポストになっていた。

 それが一昨年6月に就任した道上尚史総領事からキャリア組が送り込まれるようになった。この人事上の変化のきっかけは総領事館前への慰安婦像設置である。

釜山総領事館前の慰安婦像

道上総領事に課された二つのミッション

 前任の森本康敬総領事はノン・キャリア組だったが、地元の行政当局の説得に全力を挙げ一時は慰安婦像阻止に成功した。しかし反日運動団体の執拗な圧力に屈した行政当局の“裏切り”で慰安婦像は持ち込まれてしまった。ただ、あえて正確にいえばこの慰安婦像は総領事館の前ではない。大通りに面した裏門前の歩道である。

 道上総領事に課せられた外交上のミッションはこの慰安婦像の撤去と、新たな反日シンボルとして登場した「徴用工像」の阻止だった。

 韓国最大の港街・釜山は昔から韓国人たちの日本渡航の玄関口だった。その歴史的因縁から釜山には今、国立の“反日施設”として「日帝強制動員歴史館」なるものまであるが、そんな背景もあって急進派労組を中心とする釜山の反日団体は日本総領事館前への徴用工像設置に血眼になった。

労働者像

徴用工像の設置は辛うじて阻止された

 総領事館周辺前では設置を認めない行政当局に抗議し、設置を強行しようとする労組など反日勢力と機動隊の間で攻防が続いた。今年「メーデー」にあたる5月1日はそのヤマ場だったが、辛うじて設置は阻止された。
 
 徴用工像は総領事館から数十メートル離れた小公園に“放置”されているが、反日団体によるデモ・集会など総領事館への圧力はその後も執拗に続いている。7月には反日・親北学生組織のメンバーが図書室利用を装って総領事館中庭に“乱入”し気勢を挙げている。