昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/09/20

五郎丸が日本代表から遠ざかったもうひとつの要因

 もうひとつ。五郎丸が日本代表から遠ざかった一因には、バックスの選手の台頭もあげられる。

ラグビーワールドカップの日本語版公式Twitterアカウント

 前回W杯で五郎丸がつとめたプレースキッカーは、成長したスタンドオフの田村優が担う。

 高いモビリティに加え、加速力あふれるランや自在なステップ、簡単に倒れないボディバランスが魅力の松島幸太朗は、フルバックだけでなく、ウィングなどもこなせるユーティリティープレーヤーだ。

 五郎丸は、前回W杯が日本代表として最後の大会と決めていたとも聞く。

©文藝春秋

 いま、彼は知名度を活かして、ラグビーの魅力をメディアで発信し、W杯日本大会の成功を支えようとしているのである。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー