昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

書道家が描いたホークス選手 2019年の登場回数ランキング発表!

文春野球コラム クライマックス・シリーズ2019

2019/10/06

今シーズン本当に頼りになった3人は

 ここからはいよいよトップ3の発表です。今シーズン本当に頼りになった3人はこちら……!!

第3位 千賀滉大選手 7回

 3位はエースとして大活躍だった千賀選手です。やっぱり先発投手はヒーローになる回数も多いので上位になりましたね。今シーズン達成されたノーヒットノーランは球団界に感動を巻き起こしました! 本当にすごかったです。あの試合の作品はいつも3倍気合をいれて書きました。笑 冷静な顔でも気合の入った投球がかっこよかったです。三振取ったあとに一緒に声を出してました。クライマックスシリーズでもバサバサ三振お願いします!!

千賀滉大選手

第2位 松田宣浩選手 9回

 2位は熱男こと松田選手です。今年もチームとファンを盛り上げてくれました。シーズンを通してずっと活躍していて本当に熱い選手だなと思いました。交流戦MVPや250本塁打で記念の作品も書かせてもらいました。怪我をして2軍にいってしまう選手が多かった中で全試合出場の松田選手のありがたさは今年一番感じました。試合中の姿はもちろんですが、私の密かな楽しみはホークス公式のTwitterアカウントがアップされる円陣の動画です! いつも元気のいっぱいの松田選手の掛け声から始まる円陣にたくさん元気をもらいました。クライマックスシリーズでも勝負強いバッティングで良い雰囲気を持ち込んでほしいです。

松田宣浩選手その1
松田宣浩選手その2

第1位 デスパイネ選手 10回

 一番作品にした選手はデスパイネ選手でした。唯一の10回でした。本当に頼れるバッターで、ホームランと打点がチームで一番多くて納得の1位です。さすがに10回も作品を書くとなると、今回はどんな作品にしようかと、より気合が入ったものです!笑 今年はグラシアル選手、モイネロ選手、ミランダ選手とキューバの選手の活躍がすごかったですね。打つだけじゃなくて全力で走る姿やチームを盛り上げる姿でチームを引っ張ってくれました。力強いスイングやホームラン後のパフォーマンスなど色んなポーズの作品を書きました。カタカナの作品は一見難しいように見えて、回数を重ねるたびに色んな表現法や発見があり、書いていてとても楽しかったです。クライマックスシリーズでもチームを助ける一発を期待してます! デスパいいねーー!!

デスパイネ選手その1
デスパイネ選手その2 画像提供/原愛梨

 いかがでしたでしたか? これまでに約40人のホークス選手の作品を書かせてもらいました。選手以外にも〈交流戦優勝〉〈巨人との交流戦優勝をかけた最終戦〉〈タカガールデー〉〈オールスター〉など節目に作品を書かせてもらいました。

 振り返ると本当にたくさんのことがありました。中には、いろんな感情が込み上げ泣きながら書いた作品もあります。作品を書いたときの思いが戻ってきて、また力をもらいました。

 書は、様々な想いや感情を込めることができます。今回はそれに選手と絵が融合し、そこにひとつの物語を感じていただけたら嬉しいです。皆さんも改めて作品をみて、是非今シーズンを振り返ってみてください。たくさんの感動と元気をもらったホークスに感謝です! また皆さんから届くたくさんのコメントはいつも私の活力です!

 クライマックスシリーズでも勝ち残った3チームの熱い戦いを期待してます。去年のようにホークスに勝ち上がってほしい思いを込めて作品を書きました! 鷹と獅子との再対戦を願って、私も全力で応援します!! そして、クライマックスシリーズ優勝や日本一になったときには、また気合満点の作品を書いてみせます! ホークスに合わせて私にも期待しててください。グッズ化&個展開催という目標に向かって、これからも応援よろしくお願いします!!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム クライマックス・シリーズ2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/14418 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(8枚)

+全表示

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー