昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「おっさんずラブ」に学ぶ、社会的に失敗しない職場での「純愛」

これ以上ないくらいの「教科書」的ドラマだった

2019/10/15

 大変遅ればせながら、先日、テレビ朝日の連続ドラマ「おっさんずラブ」を見ました。元々テレビドラマ自体あまり見ないのですが、Amazonプライムビデオで配信していたのを「お試し」のつもりで1話だけ見て、まんまと沼にハマってしまったわけです。牧くんは正義。

 特に女性たちから圧倒的な支持を集めている「おっさんずラブ」ですが、実際に見てから感じたのは、「これはおじさんたちにもぜひ見てほしい作品だ」ということです。

「劇場版 おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜」の舞台あいさつに登場した(左から)林遣都、田中圭、吉田鋼太郎 ©時事通信社

「おっさん」同士がキュンとする演出

「おっさんずラブ」を見ていない人のために簡単にあらすじを説明すると、田中圭が演じるモテない会社員・春田がある日、「ヒロイン」兼上司・黒澤部長(吉田鋼太郎)から愛を告白され、「部長のことは尊敬しているけど、部長は結婚してるし、男だし……」と困惑するところから物語がスタート。そんな中、本社からイケメンの後輩・牧(林遣都)が異動してきて、主人公である春田、いや、はるたんを巡る熾烈な恋愛バトルが、ドラマ全体としてコミカルに描かれた作品です。

 これが非常に面白くて、意図せず手と手が触れ合って「おっさん」同士がキュン、とするような「少女漫画の定番」感あふれる演出があったり、恋敵の登場に焦るあまりついつい強引になってしまうなど、恋愛ドラマとしての要素がこれでもか、というほどに詰め込まれているんですよね。

 また、ありふれた恋愛ドラマかと思いきや、キャラクターひとりひとりの「人生の選択の重み」までしっかり描かれていて思わずホロリと泣かされてしまうなど、作り手のみなさんには敬意を表さずにはいられません。牧くんが可愛い。

あれ、これ普通に怖くない?

 そんな「おっさんずラブ」、初めは普通に笑っていたのですが、次第に「あれ、これ普通に怖くない?」と思う場面が増え、途中からは何とも言い難い、複雑な気持ちで見ることになりました。

 私が戦々恐々としたのはいずれも、黒澤部長が戸惑うはるたんに対して、全力でアプローチをかけているシーン。仕事中、はるたんの体をさわさわと触る黒澤部長。はるたんの提出した日報にだけ長文コメントを書き、食事に誘う黒澤部長。はるたんを隠し撮りしたり、はるたんのキャラ弁を作ってきたり、はるたんのプライベート用のスマートフォンに何度も連絡をしてしまったりする黒澤部長。