昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『おっさんずラブ』続編批判からあいトレ凸電まで 高度「神対応」社会が広がる日本

速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである

速水 今年の夏を振り返ると、戦後最も悪化したと言われる日韓関係の問題、その前には7月の参院選があって、香港でのデモが長引くなど、国際関係と政治関連で大きな事件がたくさんあった。どこから振り返ればいいかな。

おぐら それ以外に国内のニュースでも、ジャニー喜多川の死去(7月9日)、京都アニメーションの放火事件(7月18日)、小泉進次郎と滝川クリステルの結婚発表(8月7日)、千葉の台風15号による被害など、いろいろありました。

おぐらりゅうじ(左)=1980年生まれ。編集者。速水健朗(右)=1973年生まれ。ライター。

「何歳かな?」発言の小泉進次郎がSNSに参加しないのはなぜか

速水 小泉進次郎は、結婚発表が世紀のカップルと話題になり、その約ひと月後、9月の内閣改造で、目玉のサプライズ人事として環境大臣に抜擢。この辺りからずっとテレビのワイドショーを独占。ネットで叩かれる進ちゃんと、テレビに愛される進ちゃんの乖離が大きいね。

おぐら ネットでは、“進次郎ポエム”でも盛り上がりました。福島第一原発事故による汚染土の処理問題については「30年後の自分は何歳かな?」と答えたり、国連本部での環境問題に関する記者会見では「気候変動のような大問題に対抗するためには、楽しくなければならない。そしてクール、それにセクシーにね」と言ってました。

 

速水 SMAP世代だからね。あれからぼくたちはさ、何かを信じてこれたのかなあ。

おぐら あの頃の未来にぼくらは立っているのかな…って、小泉進次郎の世代は嵐ですけどね。だからちょいと重いのはBoo!  夢だけ持ったっていいでしょ? 

 

速水 ともかく、進次郎は発言に中身がないことが批判されているけど、そんな相手に口説かれたクリステルって……。

おぐら 人心掌握には長けてますから。恋愛においては、話の内容よりも雰囲気のほうが優先されるようなことが往々にしてあります。

速水 でも、まじめな話、進次郎は明らかにネットと距離を置いているよね。botみたいなブログは更新されているけど、Twitterやってない。

おぐら SNSは発信者と受け手の距離が近いっていうことで、多くの政治家が利用していますが。

速水 進次郎はそこは狙ってないんだよ。その選択が、一番の彼の明確な戦略って感じがする。

おぐら SNSをやらずとも、メディアがどんどん発言を拡散してくれますし。

速水 そして、小泉進次郎に関しては批判者も裏返しの支持者になってしまう。結局、ワイドショーもネットもずっと進次郎ばっかりネタにしているでしょ。アンチ含めみんなの関心を集め続けた泡沫候補のトランプが大統領になってしまった現実をなぞっている状態。

 

おぐら その流れでいうと、公共放送をぶっ壊すと喧伝している政党の党首も、積極的なメディア戦略で存在感を発揮しています。

速水 そこは、触れるのやめようよ。こっちもまさに批判が裏返しの支持になってしまうし。