昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

吉本興業はいつから、どのようにして”国策企業”にまでなったのか?

速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐら 今回は吉本興業の話をしたいと思います。とにかく6月は、吉本興業に関連するニュースが本当にいろいろありました。

速水 明るいほうのニュースでいうと、6月4日に南海キャンディーズの山里亮太と女優の蒼井優が入籍したことをスポーツ報知がスクープして、翌5日の結婚会見が大きな話題になった。でもいまは断然、闇営業問題のほうが目立ってる。

6月5日の南海キャンディーズ・山里亮太と女優の蒼井優の結婚会見 ©文藝春秋

「闇営業」問題で揺れ始めた大企業・吉本興業とは

おぐら カラテカの入江慎也が吉本との契約を解消されたのも6月4日でした。

速水 その後、カラテカ入江の仲介で、雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツの田村亮をはじめ、何人もの吉本芸人が振り込め詐欺集団の宴会に出席してギャラをもらっていたことが発覚。結局、処分されたのは何人だっけ?

おぐら いまのところ発表されているのは14人です。7月19日には、吉本が宮迫博之とのマネジメント契約を解除すると発表。田村亮などは謹慎処分、暴力団関係者の会合で営業していたスリムクラブと2700は無期限の活動禁止処分になりました。

速水 「芸人は闇営業なんてみんなやってる」的な声もある一方で、レギュラー番組を何本も抱えて、これだけ名の知れている人だと社会的な影響力もあるだろうから、吉本としてはそれなりに厳しい処分を下すしかないよね。

おぐら それだけじゃなく、いま吉本興業は企業としてクリーンにならざるを得ないんですよ。ここ何年かの吉本は、政府関係や官公庁との仕事にものすごく力を入れていて、4月には安倍首相が吉本新喜劇の舞台に登場、6月6日にはG20大阪サミットに関連して吉本新喜劇の芸人たちが総理大臣公邸を訪問しています。

安倍総理のG20大阪サミット関連の視察のため、大阪府を訪問(新喜劇に登場)
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201904/20osaka.html

吉本新喜劇メンバー一行によるG20大阪サミット関連の表敬
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201906/06hyoukei.html

 

速水 まさに闇営業問題で揺れている最中に官邸へ行ってるのか。6月の3日間だけで、有名女優から反社会的勢力に総理大臣と、だいぶ幅広いね。

おぐら 経済産業省が公表している「吉本興業事業概要資料」というのがあって、そこの「官公庁 取り組み事例」の項目を見ると、経済産業省や内閣府、法務省、外務省、観光庁、国土交通省から消費者庁まで、もはや日本の中枢にどっぷり入り込んでいるのがわかります。