昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

永瀬拓矢叡王への挑戦者は……第5期叡王戦 本戦トーナメントの組み合わせが決定

ベテランから若手まで幅広い世代の棋士24人が名を連ねる

source : 提携メディア

genre : ライフ, 娯楽

第5期叡王戦 本戦トーナメントの組み合わせが決定 ベテランから若手まで幅広い世代の棋士が名を連ねる

 永瀬拓矢叡王への挑戦者を決める「第5期叡王戦」の段位別予選が終了し、本戦トーナメントに出場する全24棋士が出揃った。

 予選免除棋士、各段位別予選を通過した棋士は以下の通り。ベテランから若手まで幅広い世代の棋士が名を連ねることになった。

■予選免除棋士
髙見泰地七段、渡辺明三冠、郷田真隆九段、菅井竜也七段、広瀬章人竜王、豊島将之名人、佐藤天彦九段、斎藤慎太郎七段

■九段予選
佐藤康光九段、塚田泰明九段、藤井猛九段、久保利明九段

■八段予選
真田圭一八段、行方尚史八段、野月浩貴八段

■七段予選
佐藤秀司七段、飯島栄治七段、千田翔太七段

■六段予選
佐藤和俊六段、及川拓馬六段、増田康宏六段

■五段予選
青嶋未来五段、佐々木大地五段、

■四段予選
古森悠太四段

 10月6日には本戦トーナメントの組み合わせ抽選会が行われ、その模様はニコニコ生放送で中継された。多くの視聴者が見守るなか、対戦カードが決定した。

 3つのタイトルを保有する渡辺明三冠(棋王・王将・棋聖)は野月浩貴八段との対戦に、広瀬章人竜王はシード枠で2回戦からの登場で、塚田泰明九段と行方尚史八段の勝者との対戦に、豊島将之名人もシード枠で、髙見泰地七段(前叡王)と千田翔太七段の勝者との対戦になった。

 本戦トーナメントは、対局開始が15時、持ち時間3時間となるため、持ち時間が1時間の段位別予選とは違った戦いが見られることが予想される。

本戦トーナメント表

 対局日は決まり次第、叡王戦特設サイトにて随時公開されていく。本戦トーナメントは10月~1月、挑戦者決定三番勝負は2月、永瀬叡王との七番勝負は4月~6月にかけて行われる。

叡王戦特設サイトはこちら

この記事の写真(2枚)

この記事を応援したい方は上の駒をクリック 。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春将棋をフォロー