昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

次に3位タイの巨人、阪神から6位広島までの意見を見ていこう。

【3位タイ 巨人 53票】

 まずはやっぱり「球界の盟主」に来て欲しいという声から。

「球界一注目度が高いジャイアンツで、マスコミ対応も含め佐々木君が本物のスターになれるかどうか見てみたい」(54・女)
「球界の未来の宝として行くべきチームであるから」(53・男)

 そして巨人の投手事情を心配する意見も。

「菅野の後継者として育ててほしい」(79・男)
「巨人軍にめぼしいピッチャーがいないから」(85・女)
「巨人の投手陣の世代交代のため」(45・男)

 巨人の近年のドラフトについてこんな声もあった。

「そろそろ巨人にもこういうドラフトの目玉を獲得してほしいです」(50・男)

7月に行なわれた甲子園の岩手県予選決勝では登板を回避。チームが敗れたことで賛否の声があがった ©AFLO

 【3位タイ 阪神 53票】

 チーム事情からか、切実なファンが多かった。

「メッセンジャーの代わりに佐々木君が欲しい!」(65・男)
「今の阪神に必要な戦力です。優勝するには彼の入団が不可欠」(60・男)
「阪神の救世主となってほしい!」(40・女)
「絶対的なリリーフが阪神には必要。昔のような村山実、小山正明みたいな大投手がほしい。そして超速球を武器に巨人をきりきり舞いさせるところをみたい」(74・男)
「家族全員、親戚、友人、みんな阪神ファン。甲子園で投げて巨人をやっけてほしい」(45・女)

 そしてこの夏叶わなかった甲子園のマウンドをぜひ踏んで欲しいという声も。

「果たせなかった甲子園。そのマウンドを本拠地とする阪神のスターとして活躍して欲しい」(77・男)
「甲子園のマウンドにたてなかった佐々木君。夢を甲子園で。ユニホームも縦じまが似合う」(65・男)

【5位 ソフトバンク 34票】

「投手出身の工藤監督のもとで、もう一段上の、技術・体力・精神力を身に着けてほしい」(70・男)
「1、2、3軍とあるソフトバンクでじっくりと経験を積んで花を咲かせて欲しい」(28・男)
「3軍制まであるソフトバンクの育成制度は設備面も含めて他球団よりも秀でていると思う」(65・男)
「投手出身の工藤監督にじっくり育ててもらうのが良いのでは」(60・女)
「千賀投手との2枚看板になってほしい」(57・男)

【6位 広島 27票】

「赤いヘルメットが似合うフェイスラインをしている」(59・女)
「広島は都会過ぎず野球に集中しやすいから」(33・男)
「厳しく練習する広島がいい」(48・男)
「佐々木朗希投手が加われば、広島投手陣は最強になると思います」(59・女)
「今年はCS逃したしカープに入ってほしいです」(27・女)