昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

7位ヤクルト~最下位ロッテにもファンのアツい想いが詰まっていた。

【7位 ヤクルト 24票】

「今シーズン最下位に終わったヤクルトスワローズに入って欲しい。ヤクルトの新監督に投手出身の高津氏が就任するとのことで、投手陣の強化に力が入るはずです」(68・男)
「ヤクルトは数字で見ても少し崩れると投手陣が怪しくなるので力を借りたい」(20・女)
「弱小球団から大黒柱として大投手に成長してほしい」(58・男)

【8位 中日 22票】

「久しく剛球投手に縁のない中日だがナゴヤドームで安心してゲームを楽みたい」(81・男)
「佐々木を、きちんとした教育方針をもって抑えのピッチャーとして育てたら、ドラゴンズの未来は万々歳です」(76・男)
「松坂大輔の抜けた穴をカバーして欲しい」(41・男)

【9位 DeNA 20票】

「弱小軍団に入って即実戦で投げられるような球団がいい」(42・男)
「投手陣が手薄で、すぐ1軍で活躍できそうだから」(61・男)
「横浜によく似合う風貌。横浜の投手補強には必要な人材だから」(55・男)

【10位 西武 17票】

「投手層が薄くて必要とされている。打つほうは力強いチームなので、精神的に楽そう」(34・女)
「同じ東北の岩手県の花巻東高校卒業の菊池雄星、栃木作新学院の夏の甲子園優勝投手今井達也と高卒投手の育成に定評がある」(37・男)

【11位 オリックス 15票】

「一番弱いチームを優勝に導いて欲しい」(63・男)
「オリックスの先発がいい感じに育ってきている感じがするし、ファンの数やヤジも少なめでやりやすいんじゃないかなと思います」(31・女)

【12位 ロッテ 10票】

「甲子園に出場していない二木、岩下、種市などが順調にローテーション投手になっている。佐々木の体作りをする時間の余裕がある」(67・男)
「吉井理人投手コーチがいれば、ロッテもありでは?」(81・男)

 ドラフトは17日17時から行なわれる予定だ。佐々木朗希選手の交渉権を獲得するのはどの球団になるのだろうか。

(#2ではアンケート結果について、元巨人・槙原寛己さんに感想を聞いています)

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー