昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

BEAMS×週刊文春 FASHION is SCANDAL!!

将棋棋士が最高にオシャレしたらどうなる?――週刊文春の将棋大会が30年ぶりに復活

中川大輔八段&中村太地七段が賞金をかけて真剣勝負

2019/11/12

発売とともに、業界内外を騒がしている異色のコラボ増刊「ビームス×週刊文春」。そのなかから将棋会館で特別に撮影された棋士たちのグラビアをご紹介します。

◆ ◆ ◆

中川大輔八段と中村太地七段。ともに米長邦雄永世棋聖を師と仰ぐ2人が、ビームスの勝負服を身にまとい、真剣勝負に臨んだ――。(立会人=森下卓九段 記録係=杉本和陽四段)

 

 ◆

 棋界の“レジェンド”、米長邦雄永世棋聖の弟子たちが約30年ぶりに復活した「名将戦」の舞台に臨む。

「名将戦」とは、週刊文春が主催し、1973年度から87年度まで計14回行われた棋戦である。歴代最多、4回の優勝を飾ったのが米長だった。

 その名将戦が「文春杯」として蘇った。場所は東京・将棋会館4階、特別対局室。

中川大輔八段:ライニング取り外し可能なトレンチコート¥156,000/グレンフェル、イタリア・ナポリ仕立てのブラウンチェックジャケット¥158,000/デ ペトリロ、タブカラーのシャンブレーシャツ¥14,000/ビームスF、2プリーツのグルカパンツ¥39,000/PT01、ジャカード小紋柄のネクタイ¥16,000/フランコ バッシ、真鍮バックルのクラッチバッグ¥99,000/フェリージ、エッグトゥのシングルモンクシューズ¥79,000/クロケット&ジョーンズ(ビームス 六本木ヒルズ)
杉本和陽四段(記録係):エルメネジルド ゼニア生地のネイビースーツ¥135,000/ビームスF、タブカラーのグラフチェックシャツ¥25,000/エリッコ フォルミコラ、ネイビー×パープルのパネルネクタイ¥16,000/フランコ バッシ(ビームス 六本木ヒルズ)、時計 私物

 週刊文春が用意した賞金は勝者の総取で、対局するのは中川大輔八段(51)と中村太地七段(31)だ。

 中川の体躯は引き締まっているが厚みがあり、鋭い眼光同様、迫力のある指し回しが特徴。中村は甘いマスクの若手ホープとして期待を集め、2017年の王座戦では羽生から初タイトルを奪った。

 2人がビームスのジャケットやスーツを身に着ける。

 中川は顔をほころばせて言う。

「軽いですね、着心地が。とても良いです。普段の対局では長時間正座するのでゆったりしたスーツを着る事が多いです。棋士は皆、対局後はパンツが皺だらけになるんですよ。プライベートでは癖のあるジャケットが好きです」

森下卓九段(立会人、写真左から2番目):ラニフィーチョ ディ プレイ生地のネイビースーツ¥98,000、サックスのワイドカラーツイルシャツ¥14,000/ともにビームスF、ブラック×イエロー小紋柄ネクタイ¥19,000/スパッカ ネアポリス (ビームス 六本木ヒルズ)