昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

SNSを制覇したLINEが次に挑む「手のひら金融」の全貌とは?

大企業に独占されてきたハードルを下げ、金融を誰にでも身近なものにする

 LINE証券では日本や米国の株価指数などに連動するETF(上場投資信託)のほか、トヨタ自動車やソフトバンクなどLINEが厳選した国内企業100社の個別株を購入できる。つまり数千円で有名企業の株主になれるのだ。

 私も最近、『LINE証券』を使い始めましたが、専用のアプリは必要なく、LINEアプリの中にある『証券』というアイコンをタップするだけで、取引画面が表示されます。売買自体も簡単です。株価の値動きは折れ線グラフで一目瞭然。これを参考にして、『売り』または『買い』のアイコンを押すだけです。

ジャック・マーから直接聞いた「予言」

 だがネット証券やスマホ投資など、これまでもIT企業による金融業は数多くある。既存のサービスとLINEとの違いはどこにあるのか。

ワンコインから投資ができる

齊藤 LINEが手がける金融の特徴はLINEアプリで完結することです。私はこれを『手のひら金融』と呼んでいます。LINEは毎日スマホで使われていますから、すでにユーザーの『手のひら』に自然と溶け込んでいる。金融機関の窓口に行く必要はもちろん、新たなアプリをダウンロードする必要もない。ここにプラットフォームカンパニーが金融に挑む優位性があるのです。

 LINEによる「金融の民主化」に自信をのぞかせる齊藤氏。実は、齊藤氏の経営ヴィジョンを支えるのは、3年前にアリババ集団の創業者であるジャック・マー氏から直接聞いた「予言」だという。

文藝春秋」11月号

「文藝春秋」11月号「LINEは『手のひら金融』で稼ぐ」では、齊藤氏とその「予言」との出会い、そして来年度の開業を目指す新銀行の構想がくわしく語られている。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
Yahoo!ニュース

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー