昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新『おっさんずラブ』 #牧ロスで考える「ヒットドラマに“カップル萌え”」の法則

阿部寛×夏川結衣に、木村拓哉×松たか子……

2019/11/09

 その夜、SNSは燃えた――。

 11月初週にスタートしたドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』。語るまでもなく、2018年に同枠でオンエアされた『おっさんずラブ』の新作である。

『おっさんずラブ-in the sky-』公式ホームページより

 2016年に単発ドラマとして放送され、2018年の連続ドラマ大ヒットを受けての映画化、そして今回の新作と、これまでに類を見ない形で快進撃を続ける『おっさんずラブ』シリーズだが、新作の初回放送後、ネットでの評価は大きく割れた。

 なぜか。

 もっとも大きな理由は「そこに牧凌太がいないから」だ。

地上から空へ “恋の乱気流”に突入した新作の「おっさんずラブ」

 18年版の『おっさんずラブ』で描かれたのは都内の不動産会社「天空不動産」で巻き起こる四角関係。田中圭演じるモテない独身男・春田創一が、上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と同僚の牧凌太(林遣都)から想いを寄せられ混乱する中、同じく上司の武川正宗(眞島秀和)も、かつての恋人・牧への想いを断ち切れず……と、おっさんたちの恋愛ストーリーが炸裂。

「劇場版 おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜」の舞台あいさつに登場した(左から)林遣都、田中圭、吉田鋼太郎 ©時事通信社

 結果、春田は黒澤を振り切り、牧と結ばれて、この関係は映画版にも踏襲されたのだが、新作『おっさんずラブ-in the sky-』では春田と黒澤の基本キャラクター設定のみ同じで、その他はすべて刷新。舞台は航空会社「天空ピーチエアライン」となり、新たに副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)、整備士・四宮要(戸次重幸)らが“恋の乱気流”に参戦する。