昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「2人きりの世界を守り続けてきました」高倉健の最後を看取った養女が明かす“17年間の生活”

僕のこと、書き残してね。僕のこと一番知ってるの、貴だから。

 高倉健(本名・小田剛一 享年83)がこの世を去ってから、11月10日で5年を迎える。

 孤高の映画俳優として知られた高倉健は、自身のプライベートについて一切明かさないことで知られた。

 そんな高倉健の最期を看取った女性が、小田貴月さん(55)だ。2013年に高倉健の「養女」として養子縁組され、現在は高倉プロモーションの代表取締役を務めている。

「僕のこと、書き残してね。僕のこと一番知ってるの、貴だから」

©文藝春秋

 高倉健が生前に遺した言葉を胸に、小田さんが2人の出会い、共に過ごした17年間の思い出、旅立ちの瞬間までを綴ったのが、『高倉健、その愛。』(文藝春秋刊)だ。

 小田さんが小誌のインタビューに応じ、国民的俳優の“素顔”を明かした。

「魂が共鳴していた」

 小田さんの高倉健との出会いは1996年にまで遡る。仕事先の香港で偶然出会ったのをきっかけに、手紙や電話で交流を深めていき、翌年頃には共に過ごすことを決意したという。小田さんが17年間続いた生活を振り返る。

『高倉健、その愛。』(文藝春秋刊)

「高倉が帰宅してから、最初に交わす合言葉がありました。“ペコリン度数”と言って、『腹ペコ』からとった高倉の造語です。『今日は“ペコリン”! 何食えるの?』『今日はまだ“ペ”くらいかな。先に少しお茶を飲みたいね』といった具合に、その時々の高倉のお腹の減り具合を自己申告してくれるんです」

 小田さんは戸籍上は高倉健の養女ではあるが、話を聞いているとその役割は娘というよりも妻のように映った。その点を問いかけると、どちらの関係性も否定し、「(私達は)魂が共鳴していた」という表現をする。

 その特別な愛の形は、2人きりの世界で築き上げていかれたものなのだろう。