昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

雅子さまの知人も嬉しそうに

佐藤 ホワイトのスーツは、新調されたんじゃないかしら。襟元や袖のフリルは、森英恵(はなえ)さんが仕立てた、御婚礼のときのローブデコルテを思い出しました。雅子さまの知人も、「あのスーツ、すごく素敵だったと思いません?」って、なんだか嬉しそうでした。

矢部 ここ数年の雅子さまは、青系の落ち着いた色合いの服を着ることが多かったではないですか。だから、明るい色合いの服を着てくださるのって、嬉しいです。

2007年、学習院幼稚園の愛子さまの遠足にお付き添い ©JMPA

佐藤 90年代には原色に近い赤や青の鮮やかな色の服を着ていらしたけれど、次第にまわりに合わせたようなパステルカラーの服が増えましたよね。淡い色も素敵だけれど、ビビッドな色もお似合いです。

©宮内庁提供
中東訪問時の緑のスーツは雅子さまの「原点」 ©時事通信社

◆◆◆

 ともに1961年生まれで、「雅子さまと同世代」の佐藤さんと矢部さん。「文藝春秋」12月号(11月9日発売)では、雑誌ジャーナリズムの世界で皇室を取材し続けてきた二人に「雅子さまのファッション」の変遷、そしてそこから読み取れる雅子さまの「ご体調」や「思い」を分析してもらった。その上で、二人はこんな提案をしている。

「饗宴の儀」に向かう雅子さま 首元のフリルが華やか ©時事通信社