昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

最初から美容外科医になろうなんて思ってるヤツはバカ──高須克弥院長インタビュー

高須院長に美容整形のことをマジメに聞いてみた。<第2回>

2017/04/17

とってもカンタンな「危ない美容外科」の見分け方

鳥集 きちんと安全対策をしているところを選ぶには、手術料金が適正かどうかも見るべきだということですね。あまり安ければ、疑うべきだと。他に、患者さんが美容外科を選ぶときには、どういう点を見ればいいでしょうか。

高須 行けばわかります。危ないところは殺伐としてる。例えば、患者の怒鳴り声が聞こえてくるとかね。中国の病院に行くとしょっちゅう怒鳴り声が聞こえてくる。日本も昔の美容外科はあんな感じだった。「どうしてくれるんだ、全額返せー!」とかね。誰だって、満腹のときは物を選んで食べるけど、お腹すいてるときは多少腐ってるものでも食べちゃうでしょ。それと一緒で、資金繰りに困ってるような美容外科は、料金を安くして何でもやっちゃうの。

「危ない美容外科は待合室が殺伐としてるんです!」 ©三宅史郎/文藝春秋

鳥集 カウンセリングもそこそこに別室につれていって担当者がローンや分割払いを勧めてくるお金儲け優先の大手チェーンもあると聞きます。「美容外科を選ぶときには、商魂たくましく広告や宣伝に力を入れているところは信用しないほうがいい」とも言われます。高須クリニックもバンバンCMを流していますが(笑)、こうした指摘については、どう思われますか?

高須 それは間違いです。トヨタの車は変な車で、町工場で作っているのは優れているかといったら違うでしょ。余剰金が出るから、広告できる余裕も出てくるんです。

ピコ太郎、西原理恵子さんとCMで共演 (写真提供:高須クリニック)

鳥集 でも、広告でたくさん患者を集めたあげく、トラブルを多く抱えて、死亡事故を起こしたクリニックもありますよね。

高須 あれはチラシを撒いてやる安売りセールみたいなもので、違う世界。僕はCMで「美容整形に来い」なんて一言も言ってないもん。「イエス、高須クリニック」って「高須クリニックって覚えてくださいね」って言ってるだけ。トヨタ、日産って言ってるのと一緒ですよ。白衣着て「情熱です」とか言ってないしね(笑)。