昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《被害女性告発》紅白「嵐」衣装の韓国人デザイナーが「首絞めDV」で逮捕 事件後は「ネットストーカー」に

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 芸能

「当時交際していた、芸能人も御用達の高級ファッションブランドを経営する若手韓国人デザイナーから、約半年間、殴る蹴る投げ飛ばすなどのDVを受けていました。彼は昨年(2019年)7月に傷害の容疑で逮捕され有罪判決を受けています。しかしあるとき、彼との共通の知人から『本当はあなたが暴力を振るっていたんでしょ?』と声をかけられました。それ以降、周囲でなぜか私がDV加害者だという噂が流れだしたんです」

 そう語るのは大きな目が印象的なA子さん(20代)だ。韓国語に堪能な彼女は、仕事を通して韓国出身のデザイナー・李燦雨氏(イ・チャヌ・31)と知り合い、仕事関係から恋愛に発展したという。

李燦雨氏(2019年10月23日 李氏インスタグラムより)

 李氏は2011年に留学生として来日し、山梨の日本語学校を卒業。その後、東京モード学園の高度専門士コースでデザインを勉強した、新進気鋭のデザイナーだ。東京モード学園在学中に、ファッションブランド「ACUOD by CHANU(アクオドバイチャヌ)」を立ち上げ、世界的なファッションショーである「東京コレクション」に参加。有名高級ブランドが名前を連ねるショーで、初参加の学生デザイナーでありながらオープニングを担う快挙を飾った。

「彼のブランドはファスナーを多用したユニセックスなデザインが特徴です。芸能人の愛用者も多いですよ。城田優さん、田口淳之介さん、ネスミスさん、西山茉希さんなどはプライベートでも着ています。
ジャニーズにもよく衣装を提供していて、King & PrinceやSexy ZoneはライブやMVでチャヌの衣装を着ることが多いですね」(ファッション業界関係者)

李氏がデザインした紅白の嵐の衣装(嵐公式インスタグラムより)

 2019年のNHK紅白歌合戦にも李氏の衣装が登場した。纏っていたのはあのトップアイドルだ。

「オープニング時の嵐の衣装がチャヌのオリジナルデザインだったんです。リーダーの大野くんがファスナーの多い衣装を強調して、『袖カーテン』とインスタグラムに投稿していたのも話題になっていました」(同前)

 この華々しい活躍の陰で、卑劣なDVは行われていた。取材班が情報を入手したのは約1カ月前の2019年11月末。A子さんの友人からの情報提供だった。

「A子ちゃんがチャヌから暴行を受けていることは前から相談を受けていました。だからチャヌが(2019年7月に)逮捕されたことで安心していたんです。でも、信じられないことにチャヌは釈放後、『暴行を受けていたのは自分のほう。本当の加害者はA子で、自分は無罪だ』という嘘を周りに広めていることがわかった。A子ちゃんが不当に名誉を傷つけられ続けていることに腹が立ち、告発することに決めました」(A子さんの友人)