昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

千歳船橋「八兆」の唐揚げそばは「ライスが欲しくなる旨さ」

小田急線沿線屈指の立ち食いそば屋、天ぷらもいいけど…

2017/06/06

genre : ライフ, グルメ

「八兆」はこの世界の片隅に残り続けるだろう

 これからの季節は冷したぬき(460円)もイチオシだし、自家栽培のミョウガ、ゴーヤ、シシトウ、なすの天ぷらも登場する。

冷やしたぬき

 気がつくと店は客でいっぱいになっていた。女性客も写真を撮りながらおいしそうに食べている。常連の営業マンだろうか「いつものね」とちくわ天そば(420円)を注文する。学生さんも大勢来店。近所の商店主が挨拶がてら食べに来ている。客の顔がみな明るい。うまいかどうかは、客の顔をみればわかるんだな。

 うまい立ち食いそば屋には、共通する雰囲気や風情、オーラみたいなものがある。
老舗店のような高い敷居もなく、大枚を使うお得意さんもいない。たった数分で立ち去るあらゆる客と対峙している。そんなやり取りの中にうまい味が潜んでいる。何かが違う。三位一体の妙味とでもいうのだろうか。「八兆」には客と店が織りなすそういうオーラが存在している。

「八兆」の若大将はまだ若い。美人の若女将も働きものだ。

 いつか自分が死んでも「八兆」は代を重ね千歳船橋できっと営業を続けていることだろう。一青窈の「ハナミズキ」のように百年続いてほしいと願っている。

INFORMATION

八兆
東京都世田谷区船橋1-9-45

営業時間
月~金 7:00~17:30
土 9:00~15:00
定休日:日・祝

写真=坂崎仁紀

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー