文春オンライン

【阪神】あの岡田彰布が金本阪神に強烈ダメ出し? 話題の岡田本を読んでみた

交流戦 指名対決 テーマ「監督」 文春野球コラム ペナントレース2017

2017/06/08

パンツの色からトルコ体験まで、どんな質問にも素直に答えていた若手時代

どんな質問にも素直に答えていた現役時代の岡田彰布 ©文藝春秋

 また、現役時代からずっと岡田の言動を追いかけ、彼のコメントが載っている各種記事などをスクラップしてきた私にしてみれば、もともと彼はこういう人なのだ、という思いもある。朴訥とした無愛想な口調ながら、与えられた議題や質問に対して、余計な忖度をすることなく、率直に答えてしまう。試合の解説をしているときもそうだ。そのあまりの遠慮のなさ、思ったことを素直に口にする岡田節に実況アナウンサーが戸惑う場面もしばしば見られ、それが一部の阪神ファンにはおもしろがられている。

 なにしろ、阪神の若手時代から岡田の率直すぎる言葉は異彩を放ってきたのだ。たとえばプロ1年目の1980年、『平凡パンチ』7月28日号のインタビューに登場したときは、記者から「パンツの色とタイプは?」という死ぬほどどうでもいい質問をされたにもかかわらず、「白のブリーフ専門だよ」と正直に答え、さらに「トルコ体験は?」という失礼すぎる質問にも「あるよ。けど最近はごぶさた」と素直に答えている。

 おそらく、金本監督もそういう岡田のキャラクターは熟知しているはずだ。だから、この程度のことで対立構造を煽られても苦笑いするしかないのではないか。

ADVERTISEMENT

 また、今の金本阪神の周辺にはこういう歯に衣着せぬ物言いをする先輩が一人くらいは必要だとも思う。球団や現場に配慮して当たり障りのない論調になってしまうことが多い評論家諸氏の中で、こういう岡田節は絶妙なスパイスになるはずだ。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/2854でHITボタンを押してください。

対戦中:VS オリックス・バファローズ(MEGASTOPPER DOMI)

※対戦とは同時刻に記事をアップして24時間でのHIT数を競うものです。

【阪神】あの岡田彰布が金本阪神に強烈ダメ出し? 話題の岡田本を読んでみた

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー
文春野球学校開講!