文春オンライン

「韓国での活動は諦めろ」現地紙も飛び付いた唐田えりか“未成年不倫”の代償

2020/01/25

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ, 国際

「清純できれいなイメージでファンが少し増えたのに、不倫はダメージがデカそう」
「同じ事務所の先輩に聞いてみろ。韓国で不倫した俳優がどうなるか。韓国での活動は諦めろ」
「韓国でどれくらい活動する計画で専属契約を結んだか知らないが、夢にも思うな」

 など、辛辣な言葉が並ぶ。今まで韓国で支持されてきた唐田の清純なイメージを取り戻すのには時間が掛かりそうだ。

韓国メディアが注目したのは「渡辺謙」

東出昌大 ©文藝春秋

 そのほか韓国メディアが注目していたのは、東出の妻・杏の父親、渡辺謙について。今回の騒動を契機に二度の離婚歴がある渡辺の不倫行状が掘り返され、実父と夫の不倫に悩まされる杏の不遇が強調されていた。

ADVERTISEMENT

 世界的スターと娘婿が親子で不倫というスキャンダルは、韓国を越えてこれから海外にどんどん広まっていってしまうかも知れない。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

「韓国での活動は諦めろ」現地紙も飛び付いた唐田えりか“未成年不倫”の代償

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事