昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「韓国での活動は諦めろ」現地紙も飛び付いた唐田えりか“未成年不倫”の代償

2020/01/25

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ, 国際

 東出昌大と唐田えりかの不倫騒動が、海の向こうでも大きな波紋を広げている。無数の韓国メディアが、リアルタイムでこのスキャンダルを逐一伝えているのだ。

 現地最大手ポータルサイト "NAVER" では、芸能ニュース閲覧数ランキング上位30位に計6記事がランクイン(1月23日付)。

 そのうち「唐田えりか、韓日を大騒ぎさせた不倫…両国の所属事務所は "反省している"」(「日刊スポーツ」同)との記事が、2位に浮上するほどの関心を集めている。

韓国でも人気のある唐田えりか ©AFLO

 日本のメジャーな芸能スキャンダルは韓国でもニュースになるが、ここまで大きく取り上げられる例は多くない。それが今回注目されている理由の1つは、唐田が韓国でも一定の知名度を得ていたからだ。

CM、ドラマで知名度を高める

 唐田の韓国芸能界との関わりは、女優デビュー前年の2014年にさかのぼる。この年に日本の芸能事務所FLaMme所属となったばかりの唐田は、韓国の女性アイドルグループ "少女時代" のMVに出演。

 その後「恋仲」(2015年)など日本で数々のドラマの出演した後、2017年に韓国のBHエンターテインメントと専属契約を結んだ。同社はイ・ビョンホンなどトップスターを数多く抱える有力な芸能事務所だ。