昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/02/06

豚肉の無水梅常夜蒸し(2人分)

材料 
ほうれん草 1袋(200g)
豚バラ肉 160g
梅干し(うす塩)大粒1個
酒 大さじ5
白だし 大さじ1
塩 適量

作り方
1 ほうれん草は4等分、豚バラ肉は4、5cm幅に切る。

2 小さめの鍋にほうれん草を敷いてその上に豚バラ肉をのせ、真ん中に梅干しを乗せる。酒と白だしを入れて蓋をし、弱火で15分煮る。梅干しを崩しながら、お好みで塩でいただく。

 

昔ながらの料理の知恵を今風に

 梅干しの酸味がきいた優しい味わい!今風に見えるリュウジさんのレシピには、どこか懐かしさを感じるものも多いのはなぜだろう。

「最近バズった『鶏とカブのホロホロ烏龍茶煮込み』を例にいうと、あれって実は治部煮のつくり方なんです。鶏肉に小麦粉をはたいて香辛料がわりに烏龍茶を使っていて。温故知新で、昔ながらの料理の知恵を今風に展開しました。

 

 今回の月断レシピでいうと、『鮭の黄身おろしのせ』は、黄身と大根おろしを混ぜるなんて斬新!とまわりの方々に言われるんですが、これは懐石料理で使われる手法。各地の郷土料理とか、いろんな料理をリスペクトして作っているレシピが多いですね」

 現代的でヘルシーなだけじゃない、記憶に触れる味。美味しすぎる「やせ」レシピに断食の辛さも吹き飛んで、ダイエットが何倍も楽しくなること間違いなし!

写真・平松市聖 料理写真・志水隆

リュウジ
料理研究家。1986年千葉県生まれ。ツイッターで日々更新する「簡単・爆速レシピ」が人気を博する。日本テレビ「世界一受けたい授業」「ZIP!」等TV出演多数。著書累計35万部を突破。他の近著に『ウマくて、速攻できる! バズレシピ もっと!太らないおかず編』がある。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー