昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

美味しすぎる「やせ」レシピ! 大人気料理研究家リュウジが「月曜断食」と初コラボ

2020/02/06

 最新刊『月曜断食ビジュアルBOOK』(関口賢著)で37の月断用ヘルシーレシピを考案したリュウジさん。SNS上で数々の“バズレシピ”を放ってきた料理研究家が贈る、魅惑の「やせ」レシピの秘密とは?

◆◆◆

「人は食べないと生きていけないから、日々の食事の質を改善してやせるのが、ダイエットとして一番実践しやすいと思う。僕自身、続けることを考えたときに、運動よりも食事で体調管理をするほうが楽なんですよね」

「太らない」レシピの数々がバズってきたリュウジさんと、話題のダイエット法「月曜断食」との初のコラボレーションが実現。新著では、〈回復食〉〈良食〉〈筋肉を落とさない美食〉の3カテゴリーで、絶品レシピを考案している。

ヘルシーレシピのルーツは、老人ホーム

「不食→糖質を制限した良食→美食を繰り返していく月曜断食の方法って、僕のやっていることとすごく相性がいいなと思ったんです。僕は平日、菜食中心で糖質をあまり摂らないライフスタイルだし、バズりやすいガッツリレシピを中心に紹介しているツイッターの印象と違って、消化のいいヘルシーなレシピもたくさんつくっていますから(笑)」

 

 リュウジさんのヘルシーレシピのルーツの一つは、老人ホームで働いていた頃の経験にあるという。

「年配の方々はやっぱり健康に気を遣っていて、日々の食事の中でどうやって栄養を摂るかにすごく関心があるんですね。たとえば、野菜をもりもり食べられるレシピはかなり需要があって、その頃の経験から、大きくバズった“無限湯通しキャベツ”も生まれました。

 あとはいかに良質なタンパク質を効率よく摂るか。なかでも、本書の〈良食昼メニュー〉で考案した『豚肉の無水梅常夜蒸し』は、さっぱり食べられておすすめです」

 というわけで、レシピを特別公開! 手順も簡単で所要時間は15分ほど。