昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キムタク、二宮和也、そして……。結婚はやっぱり許されない!? 第3回「嫌いなジャニーズ」結果発表

総回答数1万6千超!

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 社会, 芸能, テレビ・ラジオ, 映画, 音楽, 娯楽

 人気アンケート企画「好きなジャニーズ」「嫌いなジャニーズ」も3回目となりました。SMAP解散を受けて始まった本企画ですが、2019年はカリスマ社長だったジャニー喜多川氏が他界し、日本随一の“アイドル帝国”は大きな舵取りを迫られました。

ジャニーズ事務所社屋 ©AFLO

 同年9月には、ジャニー氏の姉である藤島メリー泰子氏が会長に、メリー氏の娘・藤島ジュリー景子氏が社長に就任。すでにグループ会社・ジャニーズアイランドの社長に就任していた元同社タレントの滝沢秀明氏が、ジャニーズ事務所の副社長を兼任する役員人事も発表されました。

錦戸亮が赤西仁と合流、そして二宮和也の結婚……

 所属タレントをみても、関ジャニ∞のメンバーだった錦戸亮が9月に事務所を退所。あっという間に、12月には自主レーベルから初のソロアルバムを発表しました。さらに2020年は同じく元ジャニーズの赤西仁(元KAT-TUN)と共同でプロジェクトをスタートさせる予定で、初ライブをハワイで開催することが決定しているといいます。こうしたジャニーズOBの退所後の自由な活動は、旧套墨守の芸能界では考えられませんでした。

 もっとも象徴的だったのは、11月の嵐・二宮和也の結婚発表です。嵐は2020年末をもって活動を休止することが決まっていますが、なぜそこまで待たなかったのか。二宮は12月の年賀状イベントで、「(メンバーにも)それぞれの想いはあります。活動(休止)まで待ってほしいという人もいるだろうし、コンサートツアーが終わるまで待ってほしいという人もそれは、います。でも自分もそこを歩み寄らないわけでもなかった」と語りました。

週刊文春の直撃に答える二宮和也 ©文藝春秋

ジャニーズをホンネで語る本企画に1万6276票!

 これまで鉄の結束を守ってきたアイドル帝国の内部崩壊。そんな風にも見える最近のジャニーズですが、それでもたくさんのファンが今でもジャニーズ事務所を応援しています。文春だからこそできるこの本音の好感度ランキング、やはり結果は前回とは大きく様変わりしました。

 アンケートは2020年1月6日までの98日間で、11歳から85歳までの幅広い年齢層から多くの投票をいただきました。総回答数は1万6276票(男性約29%、女性約71%)。

「好きなジャニーズ」に続いて「嫌いなジャニーズ」部門ワースト20のランキングを見ていきましょう。