昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/02/06

source : CREA WEB

genre : エンタメ, グルメ, ライフスタイル

さっぱりしててコクもある! 酸っぱうまいお鍋のレシピ

 

 さて今回は鍋ものを1つご紹介。キノコとちぢみホウレン草の酸っぱうまいお鍋です。さっぱりしつつも、コクがあっていいんですよ。ちぢみホウレン草は冬のたのしみのひとつ、甘みが強くて食べやすく、よく買っています。

 

■2つのポイント

・キノコは好みのものでOKですが、エリンギはできれば入れてほしい。そしてマイタケ、ヒラタケがあるとかなりおいしくなります。

・キノコはゴマ油で炒めてから鍋に入れます! フライパンに入れて熱して、かさが3分の1になるぐらいまで中火で炒めてください。

●「キノコとちぢみホウレン草の酸っぱうまいお鍋」
レシピ 2~3人前

■材料

・キノコ:750グラム程度 ※写真はエリンギ、マイタケ、ヒラタケをそれぞれ2パックずつ使用
・ちぢみホウレン草:500グラム程度
・好みの肉:適量
・ゴマ油:大さじ1

[A]
・鶏がらスープ:1リットル
・酒:大さじ2
・みりん:大さじ2
・薄口醤油:大さじ2と1/2
・酢:小さじ2(酸っぱいのが好きなら大さじ1)

■作り方

(1) キノコはいしづきを取り、小分けにしておく。ちぢみホウレン草はよく洗って、5~6センチ幅に切っておく。

(2) フライパンにごま油をひき、キノコを中火で炒める。全体量が3分の1程度になれば火を止める。

(3) 鍋に[A]をすべて入れて沸騰させ、具材を入れて煮る。

 

 キノコを加えたら、やさしい火加減で7分ほど煮てください。こうすることでスープがグンとうまくなります。

 肉ものは鶏でも豚でもいいんですが、写真のように海鮮つみれがけっこう合うんですよ。撮影したときはエビ入りのつみれを使いました。

 シメはですね、蕎麦が合います。ぜひお試しを!

 それではみなさま、どうぞよいお年をお迎えください。

白央篤司(はくおう あつし)

ローカルフードや「暮らしと食」をテーマとするフードライター。近著『自炊力 料理以前の食生活改善スキル』(光文社新書)が現在4刷に。パートナーとふたり暮らしは4年目、炊事全般と平日の洗濯を担当中。
http://hakuoatsushi.hatenablog.com/

記事提供:CREA WEB

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー