昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新千歳空港お土産ランキング 3位は「バターサンド」、2位は「じゃがポックル」、1位は……?

「北海道みやげのプロ」に聞いた

 新千歳空港には年間2300万人が訪れる。

 その新千歳空港内で店を構える「スカイショップ小笠原」は、北海道内で製造された商品のみを常時1000アイテム揃える、人気のおみやげ販売店だ。

 運営会社「山ト小笠原商店」(本社・千歳市)の小笠原航社長は、旧千歳空港時代の1963年からおみやげを販売してきたプロフェッショナルだ。そんな「北海道みやげのプロ」に、最新の空港おみやげランキングを聞いた。

「遊べる空港」としても評価の高い新千歳空港  ©iStock

1点は“冒険”しよう、というお客さまが多い

 小笠原社長は「空港内のおみやげ販売店は、品揃えの8割が“ド定番”の商品なので、売り上げの8割は定番商品が支えてくれています。だからこそ他店との違いを出すため、残り2割の品揃えに力を入れています」と話す。

 同店の人気ランキングをみると、トップは石屋製菓の「白い恋人」。いまさら説明不要のホワイトチョコを挟んだクッキーだ。

 2位の「じゃがポックル」(カルビー)は、生の道産じゃがいもをスティック状にしてそのままフライにしたもの。3位の「マルセイバターサンド」も、六花亭製菓の主力商品。以下、ロイズコンフェクトの「生チョコレート」、北菓楼の「北海道開拓おかき」などの定番商品が続く。

©財界さっぽろ

「当店の全商品の平均売価単価が750円、平均客単価は3000円なので、お客さま1人あたり、750円のものを4つ買っている計算。そのうち3点は定番のものを買い、1点は“冒険”しよう、というお客さまが多いと思います」(小笠原社長)

 ここ数年、新たな定番に定着するような大ヒット商品が出ておらず、新定番になり得るものも見当たらない状態が続いている。