昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「『結婚生活は我慢』って考えは私にはありません」再々婚・上原さくらが語った結婚観

上原さくらインタビュー#1

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, ライフスタイル

〈今年のクリスマスは家族と一緒に過ごします 実は先日結婚したので(相手の方は一般の方です。私も一般の人間ですが。)夫と過ごすクリスマス〉

 タレントの上原さくら(42)がブログで結婚を報告したのは昨年12月15日。突然の発表は話題になり、上原の名はその日のトレンドワードにもなった。

ブログで結婚を報告したタレントの上原さくら ©︎文藝春秋

 上原は17歳で『ホリプロタレントスカウトキャラバン』にてグランプリを獲得し、1994年に芸能界デビュー。バラエティ番組のほか、女優としてドラマ「ナースのお仕事2」(フジテレビ系)や大河ドラマ「利家とまつ」(NHK)などに出演。20代は華やかなタレント生活をおくった。

 しかし、私生活は波乱続きだった。2003年にアパレルメーカー社長と結婚して09年に離婚、11年に建築関連会社社長と再婚し13年に離婚している。さらに30代でうつ病を患い、入院する経験もした。事実上芸能界を引退した後は、38歳で東海大学文学部に進学したことも話題となった。

「週刊文春デジタル」では120分に渡って、上原に独占インタビュー。40代で再び幸せを手にした胸の内を聞いた。

(前後編の前編/後編へ続く)

◆ ◆ ◆

ブログで結婚を公表したわけ

――ご結婚おめでとうございます。なぜブログで突然、結婚を告白したのですか?

上原 インタビューを受けると誤解されるかもしれないので先にいうと、私は表にでたい訳じゃないんです。今も芸能事務所に所属していますけど、お仕事としてはテレビとかじゃなくて、昔から好きだった書くこと、例えばエッセイとかそういう仕事をひっそり続けたかったんですよ。

 その大事にしているブログを読んでくれている人に、結婚していることを隠しているのがとっても不自然で、卑怯な感じがしていました。ブログにも「1人で気楽そうですね」などとコメントをいただいていたので、「実は夫と過ごしてますよ」ってさらっと返すような気持ちで、結婚の報告をしたんです。

上原さくらオフィシャルブログより

――今度の結婚相手はどんな方ですか?

上原 本当に一般の方なんです。普通に電車に乗って通勤するようなお仕事ですから、夫が誰かは言いたくない。私みたいに何度も結婚していることは、一般的なイメージとしてあまり良くないのはわかっています。だから夫や、夫のご両親に迷惑をかけたくないんです。

 今回のブログでの報告も、夫とは「最小限の結婚している事にだけ触れる」という約束でした。「細かいことは絶対何も言いません。夫がいるという事だけ触れていいですか?」って話したら、一応納得してくれて……。でも、夫から「気を遣ってほしい」とも言われてしまい、「わかりました、ご迷惑をおかけしてすみません」って、私から先に謝ってもいるんです。

 たとえ私が最小限に書いたとしても、ネットでは「何度も結婚している私と結婚するなんて変だ」とか叩かれるかもしれない。夫には「そこはごめんなさい」って……。